不登校・引きこもりからの大学進学塾

不登校・引きこもり雑感9

 コロナ不況、確定化してきました。秋口以降の動きが本格的に怖いですが、どうしようもないので、従容として受入れるしかありませんな・・・・・・。

 最近、医療系学部と理工系学部とで、進路先に悩むケースが増えてきました。本人的には理工系に関心あるけど、就職のこと考えて親御さんが医学部推奨するケースなんかは、昔からのあるあるネタですが、経済学部から情報系学部とか、農学部から工学部とか、不況に強い学部へのスライドが見て取れます。

 基本、不登校経験者は、手堅い資格ある業種でないと、大体後で路頭に迷います。迷わなくとも、生活水準はダダ下がります。もう何十年も続いてることなので、これは変わらんです。コミュ障の文系進学とか、ほぼ自殺行為。

 ただ、このコロナ不況の流れを読める子ばかりじゃないのが、頭の痛いところ・・・・・・。野生の勘とは言いませんが、今立ち止まって思考停止してるのって、普通にカンの悪いバカですからね。隠さず言いますけど。最低限、バカやってることは理解して貰わんと。こっちが協力したくとも、そこさえ分かってないと、どうにもならんです。

 それと、不登校・引きこもり関係者は、繊細さに価値見出す人多いですけど、これからはそんなものクソの足しにもなりませんよ。これまでもなってなかったですが、何となく「繊細さ大切」みたいな業界特有の雰囲気で許されてただけでね。40だ50だ過ぎの引きこもりおばさんとか見てみなさいな、繊細な自分に溺れた、薄っ気味悪いの沢山いますから。百聞は一見にしかず。

 ちょっと前、「労働者階級風情の自分が、教養だ何だなんて、烏滸がましいってことですよね。まず、金を手にするための技術が先決で」みたいなこと言ってた子いましたけど、本当にそう言うことよ? 金が無いのは、首がないのと同じ。自分の身もろくに維持出来ないのに、繊細もメンタル豆腐もない。助ける人達の余力も無くなり、「メンタル弱い? は? なら死ねば?」が段階的に近づいてきてるのに、まだ繊細云々言ってるのは流石に阿呆です。

 生きること考えたら、繊細さなんてチープなものは全放棄し、打たれ強さにパラメタ全振りする位の気持ちでいなさいってこと。生命を優先するのか、木っ端程度のこだわりを優先するのか、良く考えることですよ。

“不登校・引きこもり雑感9” への2件のフィードバック

  1. ぷりんぷりん より:

     はじめまして〜ぷりんぷりんと申します〜

     自称「繊細な人」の主張、要は「繊細は私は、残酷な世界に絶えず傷つけられている。私は悪くない。悪くないから変わる必要がない。変わるべきは加害者である世界の方だ」なんです。

     世界に傷つけられている、なんて言う自称「繊細な人」の居場所がないのは当たり前ですよ。頭悪くて自分のことしか考えない人を積極的に受け入れるコミュニティなんてあるわけないじゃないですか。

     こういう人間を観察して気付いたんですが、弱者って金がない人でも低学歴の人でも病気・障害がある人でもなく「不信と悪意と敵意に満ちている残酷な世界」に生きている人間のことなんです。自称「繊細な人」って、人を信頼したり、人の善意や好意を受け入れるのが物凄く下手な人なんですよね。下手だから、信頼したり善意を示したりするのが得意なコミュニティから阻害されて、自分と同類の「不信と悪意と敵意に満ちている残酷な世界」に生きている人間同士としか付き合えなくて、永遠に傷つき続けてしまうという……

     自称「繊細な人」に困ってる人は大勢いますが、一番困ってるのは自称「繊細な人」本人です。

     ただ、「困ってる度合いが高い人間」って、「助けるのにかかるコストが高い人間」なんですよね。人助けはタダじゃない。必ず人や金などのリソースが必要になる。

     たとえば、引きこもり1人を社会復帰させるのに必要なコストが100として、普通に働いて生活している100人の困りごとを解決するコストがそれぞれ1ずつかかるとして、限られたコストの中で、1人でも多く助けなければならないのだとしたら、私だったら引きこもり1人を見捨てて100人をとります。

     見捨てられた引きこもり1人からすればたまったものじゃないでしょうが……1人でも多くの人に幸せになってほしいと思っていて、限られたリソースの中で最良の結果をだそうとする人間ほど、物凄く困っている1人を見捨てて多数を取る、という選択をすることになるんですよ……だって、そのほうが助かる命の数が多いから。

     99匹の羊を放っておいて1匹の羊を探そうとするのが美談になるのはフィクションの世界だけです。

     自称「繊細な人」をやめる=助けるのにかかるコストが低い、信頼と善意と好意の世界に住む人間になったほうが、断然生きやすいんですよ。
     
     ただ……信頼と善意と好意の世界に住む人間になるのって、自称「繊細な人」にとっては当たる保証のないギャンブルに大金をかけろって言うのと同じなんですよね。
     
     人から好感情を向けられるには、挨拶するとか手助けするとか、自分からアクションをとるのが必要不可欠なんですが、「繊細は私は、残酷な世界に絶えず傷つけられている。私は悪くない。悪くないから変わる必要がない。変わるべきは加害者である世界の方だ」っていう自意識を持ってる人間に「世界を変えるためにまずあなたが変わってください」=「あなたが変わるためのコストを支払ってください」って言うと、みんなキレるんです。なんで被害者である自分が損害賠償金を払わないといけないんだよ、と。
     
     自称「繊細な人」は、自分を変えるための先行投資が全くできないんですよ。元手がなければパチンコを打つことができないように、心の余裕とか正常な認知能力とか、自分を変えるためのカードが手元にないから挑戦できない。

     じゃあ自称「繊細な人」が変わるにはどうすればいいかというと……博打を打つための元手をあげる、つまりマザー・テレサよろしく献身的に一人立ちできるまで面倒を見て「大丈夫だよ。守ってあげるよ」と優しく支える……という莫大なコストをかける必要があるんですが、頭悪くて自分のことしか考えない人を助ける人間なんてよほどのバカしか、つまり変な社会活動してる連中しかいないってことになるんですよねー! いやー、クソみたいな話ですよねー!

     ……人に人を救える力があるなら、神様に祈る必要なんてないんですよ。
     
     自称「繊細な人」が頭悪くて自分のことしか考えない人に、助けるのに莫大なコストがかかる人になったのは、本人のせいではないかもしれません。家庭環境が劣悪だったのかもしれないし、いじめを受けたのかもしれない、病気や障害のせいで歪んだのかもしれない。

     でも、被害者のままでいる人間は、いつか必ず加害者になるんです。

     かわいそうだから正しい道に戻してあげよう、なんて親切心を自称「繊細な人」に向けちゃ駄目ですよ。親切心に報いてくれる人なら、そもそも頭悪くて自分のことしか考えない自称「繊細な人」になるはずがないんですから。弱者って恩知らずなんです。助けたところで「親切が足りない!」ってたかってきますよ。

     物凄く長くなりましたが、私が言いたいことは、「親切心でメンヘラを助けたらロクな目に遭いませんよ。黙殺しましょ、黙殺黙殺」です。
     
     私自身、自称「繊細な人」に会ったり面倒を見たりしたことがありました。どんな人も同情に値する過去を持っていましたが、同情だけで付き合うには重い人ばかりでした。警察沙汰の事件を起こした人もいました。

     こういう人達に、助かってほしいという気持ちが湧かないわけではないけれど、どうしようもない。人が助けられる範疇を超えている。

     どうしようもない。本当に、どうしようもないんですよ。

     私自身、救いようがない人達の存在について色々悩んでいた時期があったんです。このブログを見つけて、色々吐かせていただきました。

     最後まで、私の文章を読んでくれてありがとうございます。

    • CARPE・FIDEM より:

      >ぷりんぷりんさん

       はじめまして。CARPE・FIDEM代表の大村と申します。コメントありがとうございます。

       「繊細な人」に対する寸感は、私もぷりんぷりんさんと全面的に同じです。気の毒な事情もあるだろうから、協力してあげたい部分もあるが、コストがかかりすぎる上、修正しても大したメリットもない。若ければまだ可能性もあるが、繊細拗らせた人は既に40や50。同時に「繊細な人」は、概して嫌なヤツだったりするので、そこまでしようという気も起こらない。

       ここの在籍生でも、この「繊細な人」を指して「繊細ヤクザ」と言っていましたが、上手いこと言うものです。確かに、あれはヤクザです。

       個人的に最も懸念しているのが、ぷりんぷりんさんの仰る、

      >でも、被害者のままでいる人間は、いつか必ず加害者になるんです。

      の部分で、実際今とんでもない勢いで、この自称被害者が自覚ないまま加害者になってきています。

       しかもタチの悪いことに、この自称被害者を真の弱者と定義し、税金の大量投入を目論む支援者達が、現引きこもり支援の中心。こうなると、頑張って「繊細」止めた人達が税金負担で苦しむ一方、自称被害者の「繊細な人」達が、加害者でありながら利益を受け取る交錯した状態になってしまう。

       繊細ヤクザは、「弱者こそ最強」という現代の歪みを体現した悪質な存在だと、個人的には考えています。いかにしてこの生き方を否定し、利益に繋がらないようにするかが、社会全体での課題となるでしょう。普通に生活している人々が被害者になるのは、あってはならないことですから。

       普通に努力して、普通に日々の生活に責任を負っている普通の人達こそ、普通の幸せと利益を得るべきというのが、個人的希望です。

ぷりんぷりん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop