不登校・引きこもりからの大学進学塾

不登校・引きこもり雑感5

 不登校・引きこもりに限らないけど、こだわりが強い人って、大体大成功か大失敗かのどっちかに振れてる気がする。all or nothing系の、よくある発想。未成熟な子供なら普通だけど、そこそこの年齢でも案外いる。

 利口とは言えない。見たとこ成功は5%あるかないかで、95%は失敗。まあ、ほとんどは失敗だよね。持論が正しいなんて保証はどこにもないし、周囲から情報収集して、適宜修正出来る人の方が強いに決まってる。

 成功している人は、基本賢い人だね。頭の回転良いのは当然だけど、自分の「こだわり」をどう社会で活かすかを良く見ている。ただこだわってるだけの阿呆ではなく、その後の展開も見ていて、こだわり思考がきちんと社会と接続されてるんだな。

 逆に、失敗している人は、基本頭悪い。頭悪いと言うか、物事が見えてない。ただ「こだわってる」だけで、それをどうするか何も見ていない。展開も無ければ、展望も無い。仮に頭の回転良くても、良いだけで終了。何にも活かせないし、社会への接続がない。 趣味でやってるならそれでも良いけど、普通そうはいかんでしょ。

 成果の出ている5%がこだわりを貫くのは素晴らしいことだし、個人的に絶賛推奨。社会のためにもなるし、本人のためにもなる。たまにだけど、こういう人はきちんといる。

 でも、成果の出ていない95%がこだわりを貫くのは無意味。絶対に薦めない。社会の負担は増えるし、何より本人が不幸にしかならない。こんな感じのデキの悪い人達、長期高齢引きこもりとかにはウジャウジャと、それこそ死体に湧くウジ虫みたいに何万といる。

 そもそも、「成果出せないけど、こだわりだけは強い」って、自分が無能で才覚無い事実を隠蔽するために、思考が引きこもってるだけだからね。自分だって、無能で才覚無いことは良く理解しているから、知恵や能力のある人に教えを乞うて、何とかその埋めをしようとしてきたし、今もしてる。と言うか、それが普通。

 なのに、プライドだけ高くて、周囲のアドバイスは受入れず、自分のこだわりだけ押し通すとか、周囲からはただ判断力の欠如した欠陥人間にしか見えない。当然、社会から弾かれる。

 個人的には、こだわり強いだけの95%って、ただチキンなだけだと思うんだよね。弱い自分を見たくない、見せたくない、認めたくない。だから、弱さが露見しないように、社会との接続を遮断して、自分だけのこだわりに邁進する。で、失敗。結局、思考が幼稚なだけなんでしょう。

 失敗続きのこだわりって、ただ恥ずかしいだけ。恥かきたくなかったら、こだわりを捨てることが先決。それが出来ないなら、まあその後の人生はお察しってことでしょう。

 と言うわけで、まだ年齢的に間に合う不登校・引きこもりの皆さんは、「成功してないこだわり」を早々に破棄することをお薦めしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop