不登校・引きこもりからの大学進学塾

不登校・引きこもり雑感3

 ニュース見てると、引きこもり引き出し屋が次々に摘発されてますな。訴訟にまで発展だとか。まあ、良い傾向だと思いますね。

 しかし、引きこもり当事者がさも被害者面しているのはちょっとねえ・・・・・・。引き出し屋が悪いのは当然として、そこは認めるけど、第一その原因作ってるのアンタやんって。仕事しないだの、親に当たるだの、しかも年齢が30超え40超えだの。普通の人が聞いたら、「いや、お前もおかしくね?」って思いますよ。

 まして、親が老後資金切り崩して500万だ1,000万だを出すだなんて、よっぽどですよ。それだけの資金投入してでも、あなたと別れたかったのでしょう? まずその意味を考えるとかしないのかな? 自分がおかしいのでしょうかね?

 引きこもり業界って、昔からどう見てもおかしな話が普通にまかり通ってて、今回の引き出し屋の件なんかも同じ。分かりやすく言うと「被害者最強! 被害者無双!」で、いかに自分を被害者の立場に置くかで物事考えてる。被害者になると、金も取れるし、同情票も得られるからね。まあ、最近の韓国みたいなものです。

 面白いのが、コレの支援者側も同じ系統の人達で、大体が旧社会党の左派系の人々に行き着く。確か、宇都宮弁護士とかも絡んでたけど、大体そんな感じ。別に、宇都宮弁護士が悪いわけではないけど。

 ここが全部タッグを組んで、仮に道理的におかしくても人権ネタで強行突破しようとしてる。「可哀想な引きこもり! 何もしてないのに、暴力的な引き出し屋に力でねじ伏せられた!」ってね。ちょっと調べれば実情はすぐに分かるけど、表面的には分からないから、それで押し通そうとしているんだろうなあ。

 訴訟本体は原告の勝訴になるんだろうけど、社会全体の反応がどうなるかは楽しみなところです。個人的には、この件を通して、引きこもり業界の実情が表面化し、謎左翼勢力が退潮することに期待しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop