不登校・引きこもりからの大学進学塾

不登校・引きこもり雑感6

 コロナの影響、リーマン超え確定っぽいですな。そりゃそうでしょうが、また厄介なことになりそうです。まあ、進路先のことなんですけどね。

 不登校・引きこもりの学習指導って、CARPE的には結構長いのですが、昔から就職手堅いところしか基本薦めない。そうしないと、後で卒業生が困るから。

 でも、たまに不登校の子に文系進学(酷いときは文学部進学)薦める塾とかあって、かなり困惑。就職出来ないじゃん!

 薦めた人達の言い分聞いてると、「本人がやりたがってるから」とか「興味のあることを学ぶのが一番伸びるから」とか。まあ、言い分はご立派よね。本当に見事なキレイゴト。

 でも、就職どうすんのよ。常時好景気が確定してるならいざ知らず、景気は循環するもの。四年後の卒業時に社会がどうなってるかなんて、誰も分からないわけで、そこで人間関係怪しい不登校経験者に、営業職含む文系を薦める意味が分からん。

 まして、文系学部は学内もリア充率が高いから、入学後の中退率も確実に上がる。不登校・引きこもりで文系進学すれば、中退率は高く、就職率は低い。そのこと分からずやってるなら支援側の不勉強だし、分かってて薦めてるなら、それは犯罪に近い。その子達の人生を何だと思ってるかと。

 で、今回のコロナですよ。猛烈な数で「不登校→文系進学→就職失敗→引きこもり」のルートに乗る子達が出ますわ、確実に。多額の金だけ払って、高級ニートが生まれるだけやん。

 不登校・引きこもり経験者で文系進学OKなのは、「20歳未満」かつ「人間関係が得意」の2条件を満たしている場合だけ。ここがアウトだと、必ずどこかで大きなトラブルが発生する。

 今回のコロナは、仕事そのもののシステムを変える可能性が高いので、システム設計・開発に関わる人員や、それに付随する生産ラインの人員は必要だろうけど、それ以外は急激に採用が減る。不登校・引きこもりかつ文系進学組とか、真っ先に切られてしまう。

 本当に必要な人員しか要らない、冬眠状態の経済体制を覚悟しないといけない状態で、平気な顔して文系進学を勧めるところは、最初から怪しいと思って欲しい。少なくとも、真面目に当人達のことを考えているとは思えない。本当に考えてたら、「お前の好みはそうかもしれんが、やめろ。無駄だ。趣味程度にしておけ」というのが筋。

 誠実な顔した不誠実が、不登校・引きこもり業界はちょっと多過ぎ。不誠実続けてきた人達は、 今回のコロナの件で、いい加減反省して欲しいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop