不登校・引きこもりからの大学進学塾

判定結果(ルート131131)

 お待たせしました。あなたの判定結果は、以下のようになります。

必要となる学習期間

 あなたが目標に到達するにあたり、追加の学習は特に必要ありません。ほぼ現状の学力で大学進学可能です。どうしても不安のある科目だけ学習して下さい。進学校出身でない場合でも、半年程度の学習で十分です。

受講推奨講座と科目

 CARPE・FIDEMにおける該当講座は、

中学範囲速習」の英語・国語です。

 受験大学の幅を広げたい場合には、

少人数個別対応」にて、政治経済か公共を追加して下さい。

合格までの平均推定費用

 合格までに必要となる平均推定費用は、0万円前後です。大筋自習だけで合格出来るでしょう。苦手科目があるにしても、50万円前後で収まる可能性が高いです。

進学の際の注意点

 この選択肢の場合、進学先はほぼ確実に中堅未満の私大文系学部となりますが、あなたの現在の年齢でこの選択肢を取るのは、残念ながらほぼ無意味です。

 中堅未満の私大文系学部は、基本的に現役生が大半で、浪人生は少数派です。あなたはその中でもほとんど存在しない多浪生に該当し、余程の事情が無い限り、周囲からの珍奇なものでも見るような視線に耐えなくてなりません。幸い、あなたは人付き合いが得意との自己判断をされていますので、どこかに受け入れてくれる環境があるかも知れませんが、自由に選べる程のものはありません。

 尚、卒後の就活は、どんな職種であれブラック企業前提で話を進めることになり、ブラック回避のための公務員試験も年齢制限の壁に怯えながらとなり、全く余裕がありません。仮に大学環境に上手く適応出来て、文句ない大学生活が送れたとしても、同期と比較しても数段落ちる就職先を見て、4年後のあなたが満足することは無いでしょう。しかし、そこで方針転換するには、年齢的にも金銭的にも極めて厳しいものがあります。

 進学の際には、卒後就職のことも十分に考え、以上の点にご注意下さい。上記のような事態を避けたい場合には、「大学受験理系基礎」を経由して、もう一段階上の大学の理系学部への進学し、技術職・資格職等の専門職に進むルートが一般的ですが、現在の年齢から安定的就職に繋げるには、理系でも医療系学部が中心となり、選択肢は目に見えて減ってきます。判断を誤らないようにしましょう。

 エンターテイメントの一つとして実行するなら悪くはありませんが、経済的自立を目的とした進学としては最低の悪手で、寧ろそのまま就職する方が遙かにあなたのためになります。今の年齢で尚、「どこでも良いから大学に」と考える自身の判断の甘さを痛感し、親に無駄な負担を強いない選択を心掛けて下さい。

 

より詳細な判定が必要な方へ

 より詳細な判定をお求めの方は、無料個別相談を受け付けております。

 LINEでのご相談をご希望の方は、以下のリンクをご利用下さい。

友だち追加

 メール・お電話でのご相談をご希望の方は、「お問い合わせ」を、資料請求をご希望の方は、「資料請求」をご利用下さい。

推奨関連記事

不登校 引きこもり の原因とその対処実例 ~共感は本当に必要なのか?~

不登校・引きこもりと就職事情 ~就職出来ない人達に足らない要素~

「不登校には個別指導が良い」は本当か? ~不登校に理解のある先生が生み出す新たな引きこもり~

pagetop