不登校・引きこもりからの大学進学塾

判定結果(ルート131222)

 お待たせしました。あなたの判定結果は、以下のようになります。

必要となる学習期間

 あなたが目標に到達するには、1年半~2年の学習期間が必要です。

受講推奨講座と科目

 CARPE・FIDEMにおける該当講座は、

中学範囲速習」の英語・国語と「大学受験理系基礎です。

 国公立大学希望の場合には、共通テスト国語を追加して下さい。

合格までの平均推定費用

 合格までに必要となる平均推定合計費用は、200万円~300万円、1年あたりの費用は100万円~150万円です。

進学の際の注意点

目標設定は悪くありませんが、あなたの年齢から大学進学を検討する場合、資格取得目的以外での文系学部は選択肢から排除し、出来る限り理系学部に絞るようにして下さい。

 人付き合いが苦手で、年齢的にも遅延のあるあなたが、現役生や一浪程度の多い地方国公立大や、大量の附属校に加え、指定校推薦からの現役生が多数を占めるMARCHランクの大学で日常生活を過ごすのは困難です。この問題は特に文系進学の際に顕著で、オタク気質の学生が多い理系と比較すると、年齢的に浮き上がったあなたに対する周囲からの許容度は目に見えて低下します。

 経験則上、地方国公立大学・MARCH・東京理工系4大学の理工系学部や情報系学部、教育学部では、遅延幅の大きく人付き合いが苦手な事例でも比較的成功例が多く、就職先についても多少の待遇低下に留まることが多いようです。一方、文系学部の場合は上記のような事情により、仮に国公立大やMARCHレベルであっても、中退や就職先のブラック化が確定的で、何のために学習を続けてきたのか分からない事例が多々あります。法曹関係や公認会計士、或いは公務員等の就職ルートを取る場合は問題も軽微ですが、あなたの年齢では考え無しの漠然とした文系選択は危険です。

 上記のように、文系選択は余程の事情が無い限り推奨しませんが、理系進学はギリギリ間に合います。一方、理系選択の場合でも、性格的に「ギリギリ」が嫌な場合や安定度を優先したい場合には、大学受験理系応用」を経由し、東大や京大等の帝大系、早慶等の難関私大、医学部や獣医学部等の難関学部を目指すことも出来ます。 

より詳細な判定が必要な方へ

 より詳細な判定をお求めの方は、無料個別相談を受け付けております。

 LINEでのご相談をご希望の方は、以下のリンクをご利用下さい。

友だち追加

 メール・お電話でのご相談をご希望の方は、「お問い合わせ」を、資料請求をご希望の方は、「資料請求」をご利用下さい。

推奨関連記事

不登校 引きこもり の原因とその対処実例 ~共感は本当に必要なのか?~

不登校・引きこもりと就職事情 ~就職出来ない人達に足らない要素~

「不登校には個別指導が良い」は本当か? ~不登校に理解のある先生が生み出す新たな引きこもり~

pagetop