不登校・引きこもりからの大学進学塾

判定結果(ルート132132)

 お待たせしました。あなたの判定結果は、以下のようになります。

必要となる学習期間

 あなたが目標に到達するにあたり、追加の学習は特に必要ありません。ほぼ現状の学力で大学進学可能です。どうしても不安のある科目だけ学習して下さい。進学校出身でない場合でも、半年程度の学習で十分です。

受講推奨講座と科目

 CARPE・FIDEMにおける該当講座は、

中学範囲速習」の英語・国語です。

 受験大学の幅を広げたい場合には、

少人数個別対応」にて、政治経済か公共を追加して下さい。

合格までの平均推定費用

 合格までに必要となる平均推定費用は、0万円前後です。大筋自習だけで合格出来るでしょう。苦手科目があるにしても、50万円前後で収まる可能性が高いです。

進学の際の注意点

 この選択肢の場合、進学先はほぼ確実に中堅未満の私大文系学部となりますが、あなたの現在の年齢でこの選択肢を取るのは無意味です。直ちに判断を改め、いかに無駄なことをしようとしているか反省して下さい。

 中堅未満の私大文系学部は、基本的に現役生が大半で、浪人生は少数派です。あなたはその中でもほぼ存在しない多浪生に該当し、しかも人付き合いが苦手という、最悪のスタートを切らなくてはなりません。周囲からの珍奇なものでも見るような視線に耐えられず、半年も持たずに中退する可能性が非常に高く、実際の成功例は過去20年の中でもほとんど聞きません。

 耐えるだけ耐えて卒業出来たとしても、卒後の就活も職種無関係にブラック企業前提で話を進めることになり、ブラック回避のための公務員試験も年齢制限の壁に怯えながらで、何ら良いことがありません。人付き合いが苦手で、しかも遅延のあるあなたに与えられるのは、入学後の楽しみでも、卒後の安定でもなく、私大の高い学費を払い続けた見返りとしての空虚な大卒資格だけです。

 また、あなたの友人関係に関する詳細は定かではありませんが、場合によっては、不登校・引きこもりの結果として、かつての同級生との関係が途切れてしまっている知れません。ただ、多少の遅延があったにしても、大学進学を経由して本来の進むべきルートに戻り、同時にあなたがそれを望むなら、後になってから昔の関係が復活することも多々あります。

 一方、あなたが中学受験時代に合格した学校は所謂名門校であり、かつての同級生も大多数が有名大学に進学しており、あなたの望む「どこの大学でも良いから早く入る」事例は少数派です。かつての友人達と轡を並べたいと考えているなら、「どこの大学でも良い」という考えは捨て、相応の大学を選択するようにして下さい。人にはそれぞれ適切な所在空間があり、そこを間違えると無駄な苦労に見舞われます。一見遠回りに見えるかも知れませんが、長期的スパンで見れば、遠回りの方が最終的には良好な結果に繋がります。

 進学の際には、卒後就職のことも十分に考え、以上の点にご注意下さい。上記のような事態を避けたい場合やかつての友人関係を重視する場合には、「大学受験理系基礎」を経由して、もう一段階上の大学の理系学部への進学し、技術職・資格職等の専門職に進むルートが一般的ですが、現在の年齢から安定的就職に繋げるには、理系でも医療系学部が中心となり、選択肢は目に見えて減ってきます。判断を誤らないようにしましょう。

 年齢的にも不利な上、人付き合いも苦手、更に未来に対する予測も極めて甘いという最悪の状態からのスタートです。年齢は変えられませんし、人間関係も一朝一夕で変わるものでもありません。せめて、現状認識と将来への見通しだけでも標準レベルに引き上げることから始めて下さい。場合によっては、進学は諦め、人付き合いの少ない職場を選んで、将来のための貯蓄にひっそりと励む方が、あなたのためになるかも知れません。

より詳細な判定が必要な方へ

 より詳細な判定をお求めの方は、無料個別相談を受け付けております。

 LINEでのご相談をご希望の方は、以下のリンクをご利用下さい。

友だち追加

 メール・お電話でのご相談をご希望の方は、「お問い合わせ」を、資料請求をご希望の方は、「資料請求」をご利用下さい。

推奨関連記事

不登校 引きこもり の原因とその対処実例 ~共感は本当に必要なのか?~

不登校・引きこもりと就職事情 ~就職出来ない人達に足らない要素~

「不登校には個別指導が良い」は本当か? ~不登校に理解のある先生が生み出す新たな引きこもり~

pagetop