不登校・引きこもりからの大学進学塾

卒業生イナゴの数は想定以上だったでごわす。

 何かもう、色々と大変でしたね、ハイ。20時過ぎから始まって、終わったのが午前4時。集まった数も、予定の倍近く。こんなことなら、もう少し余裕持って事前準備しておけば良かったですなあ。

 特に、ゴリラ君は今回も冴えてましたね。

E「お、ゴリラ君じゃん! 真っ黒になってんな!」

ゴ「いや~スキューバダイビングの免許取りましたからね~。ハッハッハッハ」

E「大学はどう? 順調?」

ゴ「そりゃもう順調過ぎる位順調ですよ~。そんなことより聞いて下さいよ~。自分の部活に、あり得ない位可愛い留学生の子がいるんすよ~。アンナっていうんですけど、もう本当に一目惚れしちゃって、ライン交換しまくりなんですよ~」

E「ほう。それが今の君の彼女なの?」

ゴ「それが残念ながら! でも、自分ムッチャアピールしたんすよ~。英語苦手だけど、拙い言葉で一生懸命愛を伝えたんすよ~」

E「ほう。どんな風に?」

ゴ「可愛いね~瞳がキレイだね~とか。自分の目を指さしながら、アイズビューティホー! ソービューリホー!」

E「……ゴリラの目潰し攻撃にしか見えんな」

ゴ「でも、もう彼女国に帰っちゃってて……。先輩にも言われたんすよ~『君には情熱が足りない!』って。だから、燃え上がる情熱で、彼女に会いにこれからヨーロッパ周遊ですよ!」

E「君は面白いし、モテるだろうに」

ゴ「いやあ、自分でもそう思ってるですよ~。でも、好きになる子好きになる子、全員彼氏持ちなんですよ~」

E「お目が高いわけだ」

ゴ「そうなんすよ~。自分の審美眼の証なんすよ~。で、ゲスいけど、破局待ちしてたんすよ~。『チクショウ! あの二人、別れないかな!』って」

E「ほう」

ゴ「でも、そういうときに限ってラブラブなんすよ~。流石、自分がセレクトした彼女なだけあって、素敵なカップルです」

E「……言ってることおかしくないか?」

ゴ「いやあ、愛する人の幸せを願ってこそのデキる男ですよ~」

E「おいおい。ワインこぼれる」

ゴ「でも、なんでこんなにデキる男に彼女ができないんでしょうかね~。世の中おかしいですよ、信じられませんよ。」

E「望みが高すぎるんじゃないか?」

ゴ「そんなことないっすよ~。笑顔が素敵な女の子だったらいつだって大歓迎ですよ~」

E「見た目可愛い子が良いって、言ってなかったか? 卒業のときに」

ゴ「チクショウ! 半年前の自分め! 何も分かっていやがらねえ! 顔なんて二の次ですよ! 大切なのはハートですよ! 顔が云々言うヤツは、僕が成敗してやりますよ!」

E「……で、留学生のアンナさんは?」

ゴ「めっちゃ可愛いですよ! あれは天使ですよ! アイズビューティホー! ソービューリホー!」

E「……」

 元気なのは良いことです。

 

“卒業生イナゴの数は想定以上だったでごわす。” への2件のフィードバック

  1. ブロガー(志望) より:

    お邪魔します。
     記事とは直接関係無くて申し訳ないのですが、貴サイトのコラムを幾つか読んで、かつてTVで「欧米で子供を狙う犯罪を防ぐために加害者の心理を研究したが、10年くらいかけてもこれといったものは得られなかった。そこで起こる場所を調べたら『入り易く、隠れ易く、逃げ易い場所で多く起こる』事が分かったので、子供が遊ぶ公園では死角ができないようにした。」といった事を言っていたのを思い出しました。引き籠りも引き籠る人間の心理や動機及びそのきっかけに重点が置かれている事が、引き籠りの解決を困難にしているという一面もあるのではないかと思われます。「やろうと思えばできる」のなら、「それをする人間が一定の割合で現れる」のではないかと。「溜まった鬱憤の矛先を、やり返せないであろう子供に向ける」人間とか、「一生は無理でも当面なら、働かずに食べていく事を許容する環境があるなら、そこにはまり込んで中々抜け出せなくなる人間」とか。ですから「動機を突き止める事による完全解決」よりも「はまり込んだ状態から抜け出させ、”共倒れ”もしくは”共食い”といった最悪の状態の回避する」事を目指していると思われる貴グループのやり方は正しいと私は思います。

    • CARPE・FIDEM より:

      >ブロガー(志望)様
       
       初めまして。CARPE・FIDEM代表の大村です。コメントありがとうございます。
       
      >引き籠りも引き籠る人間の心理や動機及びそのきっかけに重点が置かれている事が、引き籠りの解決を困難にしているという一面もあるのではないかと思われます。
       
       仰る通りです。現状での所謂「8050世代」という引きこもり手遅れ層は、大体がブロガーさんの仰るような心理・動機解明ばかりに終始してきて、具体策はほとんど何も実施してきませんでした。当時の心理ブームが生み出した悲劇の一つですが、もうどうにもなりません。正直なところ、今後は主導してきた支援者側の責任も問うべきだと考えます。何も変わらないままカウンセリングだけ20年~30年等の事例も見ましたが、ここまで来ると流石に狂気だと思います。
       
      >ですから「動機を突き止める事による完全解決」よりも「はまり込んだ状態から抜け出させ、”共倒れ”もしくは”共食い”といった最悪の状態の回避する」事を目指していると思われる貴グループのやり方は正しいと私は思います。
       
       ありがとうございます。ただ、この辺は理解するにも最低ラインの読解力・知能・知恵が必要なようで、分からない人には本当に分からないみたいです。私も色々言ってきましたが、流石に面倒になりまして、今はもう何も言わないようにして、理解出来る人だけカバーするようにしています。逆に、理解出来る人達にはかなり効果的な対処が出来るようになっており、不登校・引きこもりの問題も、一応は一つの解決を見たと考えて良いと思っています。
       
       引きこもりとは、結局のところ「能力不足問題」で、その辺が改善されれば大体が社会に戻って行きます。逆に言えば、能力の向上措置が取れなくなった段階で、引きこもりは事実上「詰み」です。現実は非常にドライで当然のことのような気がするのですが、そこを解するかどうかさえ既に「能力」が一因となっている点に、昨今の不登校・引きこもり事情の悲劇があるのでしょう。
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop