不登校・引きこもりからの大学進学塾

Med.Aの医学部報告レポートその1 医学部受験の注意点(受験校決定編)

CARPE・FIDEMを卒業し、実際に医学部へ進学した「Med.A」君による「Med.Aの医学部報告レポート」をシリーズで公開します。医学部進学を検討している当事者の方は参考になさって下さい。

 

1:受験校のある地域

これは極端な例だが、自宅からの距離がまず第一といえよう。単純に自分の家がある県に受験する医学部があれば、入学後に研修病院の情報などを聞けるし、何かあってもすぐ実家に帰れる強みがある。六年間借家を用意せずに済むことを考えるなら、数百万円が浮く計算になる。また、今まで生活してきた地域で変わらずに通学が出来るので、大学生活という環境も、生活園レベルでは変化を抑えることが出来る。

ただし、親元や出身地から独立したい方は、将来勤務したい場所にある大学や、受かりやすい大学などを選択してみても良いと思う。

さて、大学がある地域に絡んで、現実を一つ。実際に行ってみれば分かることだが、ほとんどの地方国立医学部は田舎にある。記事を書いている者が東京出身なので、そう感じてしまっているだけかも知れないが、地方の方々、気分を悪くさせてしまったら申し訳ない。特に、大学のある地域、大学のある立地が「どの程度田舎なのか?」という点は重要だ。これは例えば、最寄り駅まで何分で、一時間に何本電車が来て、繁華街や市街地のような中心地まで何分かかるかなどである。因みに、筆者の地域は1時間に電車が1,2本程度である(笑)。

医学部は恐ろしく村社会で、どうしても同じ面々と毎日顔を合わせるため、息が詰まるような思いがしてくる。従って、物理的に外部とのアクセスが良いか否かは重要なテーマとなる。その辺の事情は、ツイッターなどで医学生に実情を聞いてみてほしい。個人的には、少なくとも外に開けた場所ではないと思う。

また、医学部では部活中心の大学生活が待ってるので、まぁ縦社会が待っている。授業と部活で医学部6年間が終わってしまったという先輩方も多いと思われる。アクセスのいい大学を選ぶと、趣味に没頭することもできるし、インカレに入ることもできるし、バイトも多くあるし、とにかく大学以外の場所と人に会える。これは、閉鎖的な医学部で生活していく中でとても重要なことだと実感している。

ただ、立地が良い大学は、往々にして偏差値も高い。ネットで受験を検討している国立大学のアクセスの良さを調べてほしい。

大体の受験生は、20代という感受性豊かな時期を過ごす場所を決めるのだから、本当に注意してほしい。ただ、地方の大学に行っても、暇なことにより勉強に集中できるのも事実だと思う。

 

2:進級の難易度

この項目を書くに際して、筆者も胃が痛くなる思いでいっぱいだ。進級しやすい医学部に行くことは本当に重要だ。今は、受験生の皆さんは受験勉強に勤しんでいて、とにかくどこでもよいから医学部に受かりたいと思っているだろう。筆者もそうだった。

ただ、医学部に入ったら勉強しなくてもオッケーと思っているそこのアナタ、間違いだとは断言できないけど、実際はかなり勉強することになる。これは、筆者の通う大学が進級の厳しい大学であることもあり、客観的な意見ではない可能性もあるのだが、進級の厳しい医学部にいる人間の一意見として聞いてもらいたい。

一方で、今でも進級が楽な大学も、まだあるらしい。医学部において進級に関する姿勢が各大学で違うのは、大学の各教科の教授に単位認定、つまり単位を与えるかどうかの権限が与えられていることに起因するのかもしれない。緩い先生が多ければ進級も楽だし、本試で100人中10,20人くらいしか通さない厳しい教授もいる。そんな教授は「撃墜王」として学生から畏怖される存在となる。

今の時代、各大学の医学部の進級の難易度はネットで検索すると出てくる。これは、概ねそうだというだけで、教授が異動したるすることもあるので、SNS等で受験を検討している大学の医大生に聞いてみるのも一つかも知れない。

 

3 再受験や多浪の場合は、現役生徒の差別がないかのチェック

まぁ、大学によっては黒いうわさもあるし、ネットで調べたほうが良いのだが、こればかりはネットの情報も少々不正確な気がする。一番は大学の事務の方に電話で聞いてみるのも一つだろうか。一生が左右されるので確かめたほうがいいかも。事務員の方に聞いても全然失礼に当たらないし、年齢関係なく受験生を取るつもりのない大学も存在してることも事実だろう。過去には、裁判にまで至った事例もあるので、気を付けて受験校を選ぼう。

児童養護施設在籍者に対する教育支援について

遅くなりましたが、プレスリリースで公開致しました、

全国の児童養護施設に在籍する児童に対し、参加費用全額無償による「理系大学受験向け教育支援」を実施

の受入れ準備が整いました。予定では、一括での面談・受入れを想定しておりましたが、プライバシーの問題を鑑み、個別形式の面談を実施する運びとなりました。

参加希望の方は、「児童養護施設在籍」の旨を併記した上で、「新規参加希望」の欄よりお申し込み下さい。尚、参加の可否については「試験」「面談」を行った後、先着順と致しますので、定員満了の際にはご容赦下さい。

 

 

◆プレスリリース◆現役医学部生との個別相談会・交流会を実施

報道関係者各位
プレスリリース


2019年01月25日
CARPE・FIDEM LLC

不登校・引きこもりから医学部進学を希望する当事者へ、
現役医学部生との個別相談会・交流会を実施

不登校・引きこもり経験者が医学部を受験する際の具体的注意点や対策を解説

CARPE・FIDEM LLC(カルペ・フィデム エルエルシー、本社:東京都千代田区、代表社員:大村 悠輝)は、不登校・引きこもりから医学部医学科へ進学した卒業生を講師とし、同様の進学ルートを希望する当事者向けの個別相談会・交流会を実施します。

長らく、不登校・引きこもりは改善見込みが低い、或いは、改善しても所得水準並びに生活水準が低く、社会内部における最下層へ転落することが当たり前とされていました。同時に、彼等に対する対処も改善見込みの乏しい福祉的対応に寄りがちで、結果として、社会全体への負担感を増幅させ、社会保障費の増加要因となっています。

その一方、不登校・引きこもりの経験者でありながら、高等教育を基盤として高いパフォーマンスを上げる人々の存在もまた顕著になってきています。彼等は、先進工業国の潮流に合わせ、主にインテリジェンス面での成長を優先し、経済効果の高い人材となることで、社会的に安定した立ち位置に就いています。

CARPE・FIDEM LLCでは、上記のような「高等教育を経由した改善ルート」を希望する当事者の声に合わせて進学指導を行ってきましたが、この度、近年特に要望の多い「医学部医学科」という最難関学部進学者を招いて、不登校・引きこもり経験者特有の課題、注意点そしてアドバンテージを解説する、各家庭毎の個別形式相談会を実施する運びとなりました。

過去の相談事例から、主なテーマは、

●不登校・引きこもりから医学部を受験する際の注意点

●医学部進学に際しての経済事情

●不登校・引きこもり特有の医学部面接対処法

●進学後の部活・サークル他大学生活全般について

●医学部における単位取得上の注意

●他の学生との経歴差異から来るトラブル

●医学部内での恋愛事情

●国立大医学部と私大医学部の差異

●都市部医学部と地方医学部の差異

●一人暮らしについて

●医学部卒後のキャリアパス

●各キャリア毎の長所・短所

●卒後の結婚・家族事情

等を想定しています。

申し込み条件は以下のようになります。

◆参加費用

無料

◆申し込み定員

10家庭前後

◆面談担当者

CARPE・FIDEM代表

医学部医学科在籍の卒業生全般

◆面談日時

各家庭毎に希望日時を調整し、個別に実施

※面談時間は1時間程度

◆対象年齢

特に指定無し

◆申し込み方法

http://www.carpefidem.com/

上記CARPE・FIDEMウェブサイト右上の「お問い合わせ」より、「医学部個別相談会希望」と併記の上、ご連絡下さい。

【組織概要】

名称    : CARPE・FIDEM LLC(カルペ・フィデム エルエルシー)

代表者   : 大村 悠輝

所在地   : 〒101-0032

東京都千代田区岩本町1-13-5 SSスマートビル 2階

主なスタッフ: 6名

主な事業  : 教育支援事業、社会参画支援事業、就職支援事業

URL     : http://www.carpefidem.com/

CARPE・FIDEM LLC公式ツイッター開設のお知らせ

今更ながら、という感じですが、CARPE・FIDEMの公式twitterを開設しました。埋め込み作業等はまだ先になりますが、URLだけ先に公開致します。

CARPE・FIDEM LLC公式twitter

記事にするほどでもない日常での出来事や、お知らせ等を適宜発信する予定です。関係者の方、参加希望の方は、是非ご利用下さい。

2018年度冬期休業期間のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、まことにありがとうございます。

改めて、2018年度冬期休業期間について、以下お知らせ致します。

休業期間:2018年12月28日(金)~2019年1月3日(木)

尚、自習室は休業期間を通じ、全て通常通り開室しております。また、大学受験理系基礎・大学受験理系応用の補講は、別途授業にて連絡致します。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

pagetop