不登校・引きこもりからの大学進学塾

親御さんの姿勢が変わってきた気がします。

 CARPEFIDEMの参加希望者には元々そのような傾向があるにはあったのですが、特にここ最近、親御さんの姿勢が良い意味で「傾聴重視」から「自立重視」へ向かっているような気がします。

 一昔前までは、

「不登校の子や引きこもりの子は心が繊細だから、親が守ってあげないといけないよ。丁寧に寄り添って、傾聴してあげることが大切なんだよ」

のような意見ばかりで、何というかもう家庭によってはベタベタネチャネチャな親子関係になってしまって、30歳過ぎた中年男性でも「ママと一緒」「一緒じゃなきゃ暴力」みたいな気持ちの悪い関係が発生していたものですが、流石にそれは不気味と感じた家庭が多かったのでしょう。最近は、「子供が自立出来るようになるにはどうしたら良いか?」という方法論へスライドしているような気がします。

 先日の面談でも、

「親の責務は子の自立。どんな子供が生まれるかは分からないけど、責務は皆一緒」

と話されていたお母さんがいらっしゃいましたが、本当にその通りだと思います。

 寄り添いや傾聴の意味は私も良く理解していますが、具体的方法論を無視した一部の心理系支援を中心に、不登校や引きこもり対策として、ネチャ付いた親子関係に誘うパターンがまだまだ残っています。一頃はそんなブームもありましたが、これではスパルタ&暴力重視の対策と何も変わりません。暴力を否定して発足した人々が、表面的に同調するだけで、「自立抑制」という「見えない暴力」を振るう様は、ミイラ取りがミイラになるの典型のような気がします。

 具体策の無い寄り添いや傾聴は、ただの精神的依存しか生み出しませんし、その結果が自立の出来ない惨めな人格に繋がることは、既に自明なものとなっています。

「『学校へ行かなくても良い』なんて主張する人達は無責任だ。だって、その後の私のことは何も考えてないんでしょ? とりあえず、目先の厄介毎から目を背けようとしているだけじゃないの?」

 不登校の子達からこんな意見が聞こえ始めている今、表面的な優しさは、ただの欺瞞に過ぎないことを、大人の側が正しく理解すべきなのでしょう。

 人口減少が確定的な日本において、「助け合い」には大きな価値がありますが、「依存」はただの害悪でしかありません。依存を否定的に捉える家庭が増えれば、社会全体も気持ち良い場所になるでしょう。ここ最近の変化を、私は大変好意的に見ています。

 

第1回基礎クラス懇親会を実施しました。

 まだ後から参加する予定の方も複数名いらっしゃいますが、タイミング的にキリが良いので新年度基礎クラスの懇親会を実施しました。今回は廃墟さんと野球君を主賓とし、富山さんとジギング君、ポッターさん達総勢6名で、近所にあるステーキ肉の美味しいイタリアンレストランにて。

Eco「勉強に飽きてきた辺りの5月上旬に、小旅行に行こうと思いますが、どこへ行きたいですか?」

廃墟「神社巡りと廃墟巡りに行きたいです」

富山「廃墟?」

廃墟「一人だと行けないけど、機会があったら一度行ってみたかったんです!」

ポッタ「ほほう」

ジギ「……」

Eco「(今年もまた、随分とコアな子が来たな……)」

廃墟「山奥の神社とか希望です。古びた感じの。後、軍艦島も行ってみたい」

富山「長崎の? それなら、夏の旅行を軍艦島にしたら?」

野球「あ、それなら自分ついでにフクオカドーム希望です。ソフトバンクホークス」

ギジ「長崎だったら、五島列島も入れて下さいよ」

ポッタ「わ、私の海外旅行は……」

 と言うわけで、「春の勉強飽きたとき用旅行」は、「家修理&海釣り&廃墟探訪」となりました。また、次の参加者が決まったら、第2回目を実施しましょう。

 

 

2018年度大学受験理系応用クラスの準備授業が開始になります。

3月15日から、大学受験理系応用クラスの準備授業が開始になります。本来は4月1日からの開始となるのですが、5月の模試に間に合わせたいという要望が多いのと、「うちの子が、家でモンハンばっかやってて……」というご要望に合わせて、急遽再開時期を早めました(笑)。正式には4月からの開始となりますが、それまでに忘れがちな基本的内容を再確認することになりそうです。

それにしても、ここ数年の3月は忙しい気がします。今思えば、10年前の3月はもう少し余裕がありました。私も、追い出し会をした後で「ちょっくら旅に出てくるか」みたいな余裕があったのですが、今はそうもいかないですね……。規模が大きくなったこともあるのでしょうが、私自身が公私両面で抱えるものが増えたせいもあるのでしょう。

いつだったか、卒業生の子達と飲み会をしていたときに、話題になったテーマがあります。

「子供のときは、自分の体は自分だけのものだった。少なくとも、自分ではそう思っていた。だから、自分が否定されるのが怖かった。自分が否定されると、100%自分が否定されたように感じるから。

でも、成長して他人と関わるようになると、自分の体は自分だけのものではなくなってしまった。他人の関与が大きくなり、自分の体なのに他人が何十人、何百人と入ってきて、今の自分を構成するようになった。その結果、否定されるのが怖くなくなった。仮に否定されても、それは自分への否定だけではなく、自分を取り巻く様々な人々への否定でもあるから。否定が分散されて、最終的な自分へのダメージはどんどん小さくなった」

つまり、抱えるものが増えると身体的には大変になるけど、それに反比例して「自我の確立」に関連する精神的負担は減る傾向にあるということです。逆に言えば、抱えるものが少ないと、どうしても「自我の確立」の問題が頭をもたげてくる。これは、自我の課題を残したまま子育てを始めたお母さんが、子供の自立と同時に「自我の確立」の問題に再直面するのと同様の話題でしょう。

逆説的ですが、抱えるものが多いほど、精神的に余裕が出るというのは不思議な話です。

「若い奴が暇してるとロクなことないよ! 死にもの狂いで働きな!!」

という田舎のばっちゃの意見は、この事実を端的に射貫いた、「昭和の知恵袋」なのでしょう。

今はこのような強制をされると、やれ「発想が古い」だの「自由がない」だの、酷い人になると「軍国主義的」だのと言い始めるので、誰も何も言わなくなってしまいましたね。人生を楽しむ一番の近道なのに、馬鹿な話です。結果、「自由に殺される哀れな引きこもり」の誕生というわけです。自由をマネージメント出来る有能な人なんて、実際はほんの一部で、大半は自由に押し潰されるだけなのに、そこまでは配慮がいかなかったのでしょう。

因みに、就職した卒業生ほど、この点を強調します。「ガタガタ言わずに、とりあえず社会出ろよ。そこに解答があるから」と。サルトルのアンガージュマン(社会参加)ではありませんが、自我の確立が必須項目となっている現代社会において、何らかの負担を負うことは、それ自体が社会適応を最も容易にする、最低ラインの行動なのかも知れません。

長くなりましたが、何を言いたいかと言うと、

「とは言っても、ワイのお休み、もう少し増えないかなあ……」

ってことです、ハイ。

全ての試験日程が終了しました!

 発表も終わり、何とか一通りの結果が出揃いました。受験生の皆さん、お疲れ様でした。結果的に、今年は国立大後期日程を受ける人はいませんでしたので、これにて無事全て終了です。

 全体を概観すると、今年は例年と比較して学力水準は高めだったのですが、結果は全体的に渋いものになっており、普段だったらかなり余裕を持って通りそうなところが、実際にはダメだったというケースが多かったです。私大の合格枠を縮小するという話が本格化しているようですので、その影響もあったのでしょうか。

 進路先は医学(医学科)・薬学・医学(保健)・農学・工学・経済学・商学と、大体いつも通りの流れで、医学部も合格大学で言えば五大学ほど受かっているのですが、受験が全体的にシビアになっている気もします。来年はこの反省を活かしていきたいと思います。

 既に引っ越し先を探している卒業生もいますし、「暇な時間使って教習所に行ってきますわ」という子もいますし、卒業生から「飯奢れや!」圧力まで来ています(笑)。ようやく追い出し会も実施出来ますし、試験の疲れも取れてきた頃でしょう。悲喜交々ではありますが、新しい気持ちで再スタートすることに致しましょう。

追伸

 今年度は新規参加の方の数が多いため、面談の実施がずれ込みがちでしたが、ようやく少し正常化しました。まだ体験授業の都合はありますが、ある程度余裕も出て来ましたので、新規参加を希望していたものの、日程の都合で見合わせになっていた方は、改めてご連絡下さい。

殴られても殴られても……。

一通り主要な試験が終わり、ようやく少し一息つける時間を持てました。数時間でしたが、ずっと保留状態だった渓流釣りにも行けましたし、荒れた畑も少しだけ綺麗になりました。コンビニ飯をかっこむだけの毎日でしたが、やっとこさ、ご飯に豚汁にホッケに生野菜と、人並みの食事にもありつけました。ありがたや、ありがたや。

そんな中、決算の処理もある程度済み、ペットのウサギの顔マッサージ休暇をしていました折、ふと思い出しました。今飼っているウサギはもう7年ほどの付き合いになるのですが、この子を飼い始めたときの日々のことです。

当然、私もまだ結婚していませんでしたし、CARPEFIDEMもウサギの体も、まだ今と比較すれば小さかったですね。規模も小さかったのでトラブルもほとんど無かったですし、ある意味平和と言えば平和な日々でした。私も30前で、良くも悪しくも未来に対する挑戦的意欲に溢れていたと思います。(今が挑戦的でないという意味ではありません。多分。)

7年が経過し、ウサギの体と共に、CARPEFIDEMも大きくなりました。大きくなったと言っても、せいぜい小学校の一学級程度ですので、大した規模でもないのですが、それでも随分変わりました。

 

良い部分は沢山ありました。これまでも、卒業生の子達が何のかんので集まってくれていましたが、その規模が大きくなりました。分野も多岐にわたり、医学や獣医学、薬学、看護学、理学、工学、農学、経済学、文学、法学、教育学と、大体の方向性は網羅した感じです。今年の春もまた、帰省ついでに暇になった子達が遊びに来ます。

イベントも増えました。小旅行や飲み会だけだったのが、古民家を買って改修したり、合宿所で勉強したり、漁船に乗って太平洋で海釣りをしたりと、個々人の提案一つ一つで、行動幅も広がりました。近いうちに、海外旅行も念頭に入れたいと話をしています。

環境も良くなりました。都内の中心地にあるため、どうしても家賃が高く、学習スペースの問題は懸案だったのですが、それもかなり良く改善されました。とりあえず、今年で一通り落ち着けるでしょうか。

 

一方で、困ったことも出てきました。何より目立ったのが、バッシングです。炎上事件もありましたし、おかしな人達からの嫌がらせもありました。悪質な事例には、警察の方にご協力頂いたこともありました。(今は、ネット上でのこともかなり迅速に動いて下さるようで、驚きましたが。)

私がサイトで主張している話は、要約すると、

「自分でお金を稼ぎ、精神的に自立し、自分のことは自分で世話しましょう」

というシンプルなもので、そのために何をしたら良いか、その方向性の一つを設定しているだけです。あまりに当たり前で単純なこと故、まともな考えを持った人なら、普通は同意してくれます。逆に言えば、この程度のことにさえ反対するのは、少々困った人ということになります。

規模が大きくなり、この手の困った人達の目にとまるようになると、CARPEFIDEMもボコボコに叩かれるようになりました。話をまとめてくれた友人によると、私は既に人を何人も殺している殺人鬼だったり、コラムの内容を全てでっち上げている三流小説家だったり、引きこもりや不登校を叩くことだけが趣味の変態だったりと、踏んだり蹴ったりです。ネットでは、一度叩かれ始めると、あることないこと無茶苦茶に言われると聞いてはいましたが、正に身をもってそれを知ったと言えます。

で、正直なところ、最初は困りましたね。どうしたら良いものか、解答も無いですし。ただ誠実に回答するしかありませんでしたが、せいぜいがそんなところでした。

 

それでもありがたかったのが、バッシングがあっても、必ず下から私を支えて下さる方々が驚くほど多数いらした点です。

引きこもりの居場所のボランティアスタッフの方は、

「大村さんのサイト、燃えてましたね(笑)。うちでも話題になってましたよ。でも、キレてたのは手遅れ系のおっさん達だけで、年下の子達はやる気出して、ここも卒業していきました。叩かれるとは思いますが、正しいことをしたと思ってますよ」

不登校の子を持つ親御さんからは、

「踏ん切りつきました。どこかで絶対に言わないといけないと思っていましたけど、今日必ず言います。主人にもきちんと責任持って考えて貰います。家族全員で一緒に戦います。ありがとうございます」

当事者の方からは、

「そんな気はしてたんですけど、やっぱヒキってりゃ駄目ですよね。皆何も言わないので、何とかなると思ってたけど、どうにもならないって言ってくれたの初めてです。最初はムカついたけど、今は感謝しています。ムカついてた俺がおかしかったってことですね」

と、まともな人達は、まともな考えに回帰していったようです。

ただ、私も本当によく殴られました。スタッフの側からも、

「たまに、大村さんはマゾなんじゃないかって思いますよ(笑)」

なんて言われていますが、殴られれば殴られるだけ、感度も鈍るんです。傷の上に傷が重なり、皮も厚くなってしまい、多少のことには全く動じなくなってしまったのかも知れません。

多分、私がここで書いている内容は、表現がキツくても、生きていく上では重要な部分だと思っています。殴られても殴られても考えを変えないのは、自分が間違っていないという確証を、様々な人達から受け取っているからなのでしょう。

何もしなければ殴られることもありませんし、傷もつきません。逆に、何かすれば必ず殴られますし、傷もつきます。ただ、まともなことをすれば支持してくれる人も増えますし、皮も厚くなってダメージも減ります。集中攻撃を受けることもありますが、それを上回る援軍も出てきてくれます。

今年のCARPEFIDEMは、どういうわけか春からの申し込みが例年の三倍ほどになっていて、恐らく年度のどこかで募集を停止することになると思います。これも多分、「当たり前」を理解する人々からの理解があってのことなのだろうと思っています。本当にありがたいことです。

今年卒業する子達は、私がボコボコにされているのを知っていますので、まあ大丈夫でしょうが、ついでに言っておきます。

「多分、君らも僕の10分の1位は大学でボコされると思うけど、自分の考えが間違ってないと思ったら、自信を持ってボコされてきなさい。重傷からは逃げないといけないが、間違っても小さな怪我から逃げてはいけないよ。怪我の上に怪我が重なって、自然と頑強な精神ができ上がってくるんだからね。ボコされても、『まあ、大村よりはマシだな』と考えていたまえ」

 

時間が無いと、自分を省みることも出来ませんが、今日の自分には時間がありました。そして、昔を思い出させてくれる、ウサギ様というありがたい存在が傍らにいました。多分、これからも私は方々で殴られるでしょうし、それでもまた適度に耐えるでしょう。自分の良いところは、鈍さにあります。決して切れ者でもありませんし、優れているわけでもありませんが、耐久性だけはなかなかのものです。

ウサギの顔マッサージ休暇なのに、物言わぬウサギに自分を教えて貰った、不思議な一日のお話でした。

pagetop