不登校・引きこもりからの大学進学塾

スイス機械産業の伸長は、発達障害系引きこもりの助けとなるか?

ちょっと前の話で手元に記事が無いのですが、グランドセイコーやクレドールで有名なSEIKOが、水晶発振のクォーツ式時計や、先端技術を駆使した高機能時計の生産から、旧来型の手巻き・自動巻機械式時計の生産に力点をシフトするという記事を読んだことがあります。

所謂「クォーツショック」で、70年代にスイス機械式時計産業を壊滅に追い込み、世界を水晶発振時計で埋め尽くしたSEIKOでしたが、一見すると時代錯誤とも言えるこの経営判断を見るに、腕時計が実用品としての精度・機能性追求ではなく、装飾品としての美術・芸術性追求へと変わりつつある様を感じずにはいられませんでした。

確かに、世界経済に活気があるなら、単価1万円のSEIKO5を50個売るより、単価50万円のグランドセイコーを1個売った方が利幅も大きいのでしょう。SEIKOに市場を奪われた後、起死回生の生き残りをかけたリシュモングループによるスイス時計界の再編が奏功し、ロレックスやパテックフィリップ、オーデマピゲ等の高級ブランドが、単価を上げながら利益を生み出している点からしても、潮流は寧ろそちらにあると言えます。周回差をつけて頂点に立ったのに、気がついたら最後尾についてしまった危機感がSEIKO経営陣の中にもあるのかも知れません。コモディティ化の悲劇と言えばそれまでですが、現実はそんなものなのでしょうか。

独自の高級ブランドに乏しいCITIZENが、スイスの中堅ブランドフレデリック・コンスタントを買収したという記事もありましたが、自社ブランドの育成か他社ブランドの運営かの違いがあるだけで、危機感の程度は同じだと思います。まだ、バッティングしにくいG-SHOCKを持つCASIOの方が、幾分気が楽かも知れません。

話を戻しましょう。微少量ではありますが、この「逆行」は、「ヒト付き合い」よりも「モノ付き合い」を好む職人的気質の引きこもり当事者にはプラスに働きます。無論、部分的に機械化が進み、全てただの手作業だけで、という訳には行きませんから、一定以上の教育水準は必要となりますが、それでも日々の仕事の形式としては相対的に心穏やかなものとなります。つまり、何らかの手工業従業員として生きていく方向です。

経験則上、一部の引きこもり当事者には、発達障害等の派生からか、特定の範囲で異様な集中力を発揮し、常人がなし得ないような成果を上げる人達がいることが分かっており、私も何度かその成果に驚かされたことがあります。CARPE・FIDEMにも、既にその方向性に舵を切って成功したり、手応えを感じ始めた卒業生もいますが、環境さえ整えば、その能力は現場での生産性向上に役立ちますし、優れているなら誰も何も文句を言うことは出来ません。特性を活かした天職にさえなり得ます。

元々、職人系の仕事には、人付き合いを好まない頑固な性質の「爺さん」がいたもので、当時はその概念が無かっただけで、手工業系の仕事には、元来今で言う過集中の発達障害系人材が適切だったのかも知れません。正に、適材適所の最たるものなわけですが、良くも悪しくも元の方向性に回帰したとも言えます。

菊野昌宏さんや浅岡肇さんのように独立時計師として活動されているケースもあり、生まれ持っての才覚と特殊能力がある場合には、そのような生き方もアリな気がします。(因みに、私はフィリップ・デュフォーのような、独立時計師による作品が大好きです。高くて全く手が出ませんが……。)

無論、不安定要因もあります。

確か、ネットの書き込みだったのでネタ扱いですが、ジラールペルゴの技術者が、消費者との対話か何の際に、

「無理な要望でも色々聞かせてくれ。もっとも、俺達の給料は安いけどなHAHAHA」

みたいな話があったそうで。言われてみればその通りで、高額な高級時計と言えど、その従業員が必ずしも高給取りとは限りません。実際、以下のデータを見るに、スイス時計産業界の給与中央値は全産業のそれを下回っており、本場スイスでさえ家内工業・工場制手工業的生産の限界が伺えます。

スイスの時計産業について知っておくべき六つのこと

また、一度壊滅した機械式時計が蘇ったにしても、その市場規模は決して大きくありません。スイス最盛期の輸出額でもせいぜい2兆5,000億円位しか無く、これは日本の化粧品国内市場規模程度でしかありません。市況が後退に向かえば、また昔のようなジリ貧を迫られるかも知れません。枠はあったにしても、多数の人間を養える程の規模はなく、あくまでドンピシャリ性質に適合し、活動自体が苦にならないような人達だけの話になるでしょう。

とは言え、既に上記手法で機能している部分もあり、成熟化した先進工業国が向かう先は何らかの有閑趣味でしょうから、これはこれで良い傾向ではないでしょうか。

以上の話題は腕時計に関するものですが、今後、同様の手仕事系への回帰傾向が他の産業分野でも派生する可能性があります。既に傾向が見られて、発展のあり得る分野としては、

腕時計(SEIKOクォーツ型→スイス機械式高級時計)

家具(ニトリ型大量生産家具→受注生産・古民具再生)

衣類(ユニクロ式ファストファッション→フルオーダー)

医療(保健診療→保険外診療)

教育(公教育→少人数式家庭教師教育)

音響(デジタル音源→レコード音源)

どれも産業規模としては小規模で、大規模なカバーは全く出来ませんが、全ての産業で同様の状況が発生すれば、総数としてはロングテール的に拡大する可能性は十分にあります。性質に適合する人は、一度検討してみても良いかも知れませんね。

“スイス機械産業の伸長は、発達障害系引きこもりの助けとなるか?” への2件のフィードバック

  1. ナナ より:

    こんにちは。ナナです。

    時計など、かつて実用品だったものが時代の流れで必要不可欠なものではなくなり、趣味性の高さを全面に出した売れるようになる……というのは、いろんな業界で見られる流れですよね。カメラ業界では、フィルムカメラが流行してるそうですよ。デジタルカメラのように鮮明に写らない点が、若者には新鮮に感じるそうです。

    以外、前回のコメント返信です。

    〉まあ、その通りですが、ここでは言わん方が良いですよ。変な人はどこにでもいますし。下手するとグサりと……。

    実生活では、ここまでストレートには言いません。が、大村さんの会社のホームページで、炎上するようなコメントを残してすみません。

    〉だったら、「自分がもう少し頑張っていれば……」等と考えず、ドライに処理すれば良いと思います。にもかかわらずそれが出来ないのなら、何か別の理由があるのかも。

    実は……私自身が地頭が悪い人間だったというか、自分の人生に責任を持てなくて、自暴自棄気味だった時期に、人に助けられた時期があるんです。だからどうしようもない生き方をしている人間をみると、なんとか助けられないか? と思ってしまうんです。

    ……ただ、私も理解してるんです。人に助けられたら、助かる人間ばかりじゃない。何を言っても人のせいにして、助けてくれようとする人を遠ざけて、自分の人生を潰す人もいる。そういう人を見ると、私も運が悪かったらこうなってたのかな……と滅入ってしまうんです。元引きこもりが、高齢化した引きこもりを見るような気持ちかもしれませんね。

    私は、大学を卒業して5年も経っていない勤め人です。人生経験を積んで、もう何年か経ったら「人は人。私は私」と割り切れる日が来るかもしれません。
      
    このサイトには厳しいことが多く書かれており、それが原因のトラブルも多くあっただろうと思います。

    しかし、抽象的で無責任な楽観論を語るより、具体的に現実を語り、正確な情報を開示する大村さんは真面目な人だと思います。正確な情報がなければ、正確な判断は下せません。精度の高い情報を発信することで、引きこもりの人たちの将来に有益な情報を提供する姿勢を尊敬しています。

    お忙しいなか、見ず知らずの私のコメントに、真摯に返信してくれてありがとうございました。

    • CARPE・FIDEM より:

      >ナナさん
       
      >こんにちは。ナナです。
       
       はい、こんにちは。返信が遅れて申し訳ありませんでした。色々立て込んでしまいましてな。
       
      >時計など、かつて実用品だったものが時代の流れで必要不可欠なものではなくなり、趣味性の高さを全面に出した売れるようになる……というのは、いろんな業界で見られる流れですよね。
       
       ある意味、社会全体が豊かになったことの証でしょう。私も、父親の趣味を受け継いでピュアオーディオが趣味(現在のお薦めは、TANNOYのプレステージシリーズとラックスマンの真空管アンプ)ですが、30代でこんなことやってるのは高校の同期一人を除いてほぼゼロです。完全に頭おかしいです。
       
       しかし、このような頭のおかしい人達が、ニッチな産業をマニアックに支える。中々良い話とは思いませんか?
        
      >カメラ業界では、フィルムカメラが流行してるそうですよ。デジタルカメラのように鮮明に写らない点が、若者には新鮮に感じるそうです。
       
       あ、それがありましたね。確かに、カメラはドンピシャです。
       
       手仕事系はドイツが巧みですが、ライカを思い浮かべてみると、ドイツの得手こそ、職人系引きこもりの突破口になるかも知れませんな。
       
      >実生活では、ここまでストレートには言いません。が、大村さんの会社のホームページで、炎上するようなコメントを残してすみません。
       
       それは構いませんよ、もう既に何度か爆発炎上してますし。ある意味慣れました。と言うか、炎上しても、実生活では応援してくれる人の方が圧倒的多数でしたし。
       
       自分は長期高齢引きこもりとかにボコボコに嫌われてて、あること無いこと散々に言われてきてますから、自分自身についてはどうでも良いのですが、ナナさんに同じ目に遭って欲しくないんです。社会性ゼロの人間には、本当にどうしようもないのがいて、相手の足引っ張ることしか考えてないとかザラなんですわ。そこだけ分かっているならOK。
       
      >実は……私自身が地頭が悪い人間だったというか、自分の人生に責任を持てなくて、自暴自棄気味だった時期に、人に助けられた時期があるんです。だからどうしようもない生き方をしている人間をみると、なんとか助けられないか? と思ってしまうんです。
       
       ああ、なるほど、そう言うことでしたか。納得です。因みに、私も頭はかなり弱いですよ。歳取って、更に弱くなりました。気持ちは分からんでもないです。
       
       しかし、良い出会いをしましたね。その点は大変結構なことです。
       
      >……ただ、私も理解してるんです。人に助けられたら、助かる人間ばかりじゃない。何を言っても人のせいにして、助けてくれようとする人を遠ざけて、自分の人生を潰す人もいる。そういう人を見ると、私も運が悪かったらこうなってたのかな……と滅入ってしまうんです。元引きこもりが、高齢化した引きこもりを見るような気持ちかもしれませんね。
       
       チャンスは大体どの人にも定期的にやって来るもので、それを如何に処理するかは当人の才覚だと思いますよ。確かに運の要素もあるにはありますが、流石に30も過ぎて何も掴めないのは本人の能力の問題です。社会も30過ぎると誰も何も言わなくなるじゃないですか? 面倒臭いんですよ、いい歳して最低限のマナーが分かってないと。それが相場ってもので、普通の感覚です。
       
       そう考えてみれば、何のかんので良かったじゃないですか、ナナさんは立ち上がれたのですから。その事実に感謝し、後のことは自分の出来る範囲で、自分の声を聞く人に話してあげればよろしいと思いますで?
       
      >私は、大学を卒業して5年も経っていない勤め人です。
       
       なら、そろそろ社会の仕組みも色々見えてくる頃でしょう。
       
      >人生経験を積んで、もう何年か経ったら「人は人。私は私」と割り切れる日が来るかもしれません。
       
       心配せんでも、強制的に割り切らされますよ、忙しさに。
       
      >このサイトには厳しいことが多く書かれており、それが原因のトラブルも多くあっただろうと思います。
       
       まあ、それは私の自業自得というものです。でも、同時に道理の分かる優秀な人達がより多く集まるようになりました。影があるから光もある、です。同じような面倒はご免ですが、私個人としては良い経験になり、一回り強くなりましたよ。何事も経験、森羅万象全てが先生、です。
        
      >しかし、抽象的で無責任な楽観論を語るより、具体的に現実を語り、正確な情報を開示する大村さんは真面目な人だと思います。
       
       真面目と言うか、他にやりようが無くないですか? ナナさんの仰るように、
       
      >正確な情報がなければ、正確な判断は下せません。
       
      と言うのが現実ですし。
       
      >精度の高い情報を発信することで、引きこもりの人たちの将来に有益な情報を提供する姿勢を尊敬しています。
       
       それはありがたいご意見ですが、私自身が話している内容は社会一般の「当たり前」であって、特殊な話でも何でもないですよ。単に、長期高齢引きこもりとその周辺の人々が異常だから、翻って私が浮き上がって見えるだけで、私は普通です。
       
       同時に、くれぐれも「現実」は敵を生み出すことをお忘れなく。現実なんか見たくもなく、ただ幻想に生きたいだけの人々も世の中には多々いて、彼等がいかに周囲にとって迷惑な存在であろうとも、現実を見ている人達は彼等を支えないといけないわけです。「社会権」というヤツです。
       
       で、本当は皆で支えるべき社会権なのに、自分のことばかり考えて、
       
      「タダ乗りして迷惑かけようが何しようが関係無いじゃん!」
       
      的な、薄汚い引きこもりとその親達を腐るほど見てきたので、
       
      「ならこっちは、自立して社会権を維持してくれるような素晴らしい人材を増やしましょう」
       
      と考えているだけです。
       
       本当に尊敬すべきは、社会権を支えてくれるであろう、自立した元不登校や元引きこもり当事者、そして何より、ろくに自立しない引きこもりやその家族に対してさえ、何も言わずに納税によって黙々と支えてくれている一般社会の人々です。そこはお間違えのないよう。
       
      >お忙しいなか、見ず知らずの私のコメントに、真摯に返信してくれてありがとうございました。
       
       いえいえ。ナナさんもこれから色々あるでしょうが、「世のため人のため」という、爺さん婆さんが唱えるような古臭い文言を大切になさって下さい。多分、今のナナさんなら、その意味も理解出来るでしょうからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop