不登校・引きこもりからの大学進学塾

殴られても殴られても……。

一通り主要な試験が終わり、ようやく少し一息つける時間を持てました。数時間でしたが、ずっと保留状態だった渓流釣りにも行けましたし、荒れた畑も少しだけ綺麗になりました。コンビニ飯をかっこむだけの毎日でしたが、やっとこさ、ご飯に豚汁にホッケに生野菜と、人並みの食事にもありつけました。ありがたや、ありがたや。

そんな中、決算の処理もある程度済み、ペットのウサギの顔マッサージ休暇をしていました折、ふと思い出しました。今飼っているウサギはもう7年ほどの付き合いになるのですが、この子を飼い始めたときの日々のことです。

当然、私もまだ結婚していませんでしたし、CARPEFIDEMもウサギの体も、まだ今と比較すれば小さかったですね。規模も小さかったのでトラブルもほとんど無かったですし、ある意味平和と言えば平和な日々でした。私も30前で、良くも悪しくも未来に対する挑戦的意欲に溢れていたと思います。(今が挑戦的でないという意味ではありません。多分。)

7年が経過し、ウサギの体と共に、CARPEFIDEMも大きくなりました。大きくなったと言っても、せいぜい小学校の一学級程度ですので、大した規模でもないのですが、それでも随分変わりました。

 

良い部分は沢山ありました。これまでも、卒業生の子達が何のかんので集まってくれていましたが、その規模が大きくなりました。分野も多岐にわたり、医学や獣医学、薬学、看護学、理学、工学、農学、経済学、文学、法学、教育学と、大体の方向性は網羅した感じです。今年の春もまた、帰省ついでに暇になった子達が遊びに来ます。

イベントも増えました。小旅行や飲み会だけだったのが、古民家を買って改修したり、合宿所で勉強したり、漁船に乗って太平洋で海釣りをしたりと、個々人の提案一つ一つで、行動幅も広がりました。近いうちに、海外旅行も念頭に入れたいと話をしています。

環境も良くなりました。都内の中心地にあるため、どうしても家賃が高く、学習スペースの問題は懸案だったのですが、それもかなり良く改善されました。とりあえず、今年で一通り落ち着けるでしょうか。

 

一方で、困ったことも出てきました。何より目立ったのが、バッシングです。炎上事件もありましたし、おかしな人達からの嫌がらせもありました。悪質な事例には、警察の方にご協力頂いたこともありました。(今は、ネット上でのこともかなり迅速に動いて下さるようで、驚きましたが。)

私がサイトで主張している話は、要約すると、

「自分でお金を稼ぎ、精神的に自立し、自分のことは自分で世話しましょう」

というシンプルなもので、そのために何をしたら良いか、その方向性の一つを設定しているだけです。あまりに当たり前で単純なこと故、まともな考えを持った人なら、普通は同意してくれます。逆に言えば、この程度のことにさえ反対するのは、少々困った人ということになります。

規模が大きくなり、この手の困った人達の目にとまるようになると、CARPEFIDEMもボコボコに叩かれるようになりました。話をまとめてくれた友人によると、私は既に人を何人も殺している殺人鬼だったり、コラムの内容を全てでっち上げている三流小説家だったり、引きこもりや不登校を叩くことだけが趣味の変態だったりと、踏んだり蹴ったりです。ネットでは、一度叩かれ始めると、あることないこと無茶苦茶に言われると聞いてはいましたが、正に身をもってそれを知ったと言えます。

で、正直なところ、最初は困りましたね。どうしたら良いものか、解答も無いですし。ただ誠実に回答するしかありませんでしたが、せいぜいがそんなところでした。

 

それでもありがたかったのが、バッシングがあっても、必ず下から私を支えて下さる方々が驚くほど多数いらした点です。

引きこもりの居場所のボランティアスタッフの方は、

「大村さんのサイト、燃えてましたね(笑)。うちでも話題になってましたよ。でも、キレてたのは手遅れ系のおっさん達だけで、年下の子達はやる気出して、ここも卒業していきました。叩かれるとは思いますが、正しいことをしたと思ってますよ」

不登校の子を持つ親御さんからは、

「踏ん切りつきました。どこかで絶対に言わないといけないと思っていましたけど、今日必ず言います。主人にもきちんと責任持って考えて貰います。家族全員で一緒に戦います。ありがとうございます」

当事者の方からは、

「そんな気はしてたんですけど、やっぱヒキってりゃ駄目ですよね。皆何も言わないので、何とかなると思ってたけど、どうにもならないって言ってくれたの初めてです。最初はムカついたけど、今は感謝しています。ムカついてた俺がおかしかったってことですね」

と、まともな人達は、まともな考えに回帰していったようです。

ただ、私も本当によく殴られました。スタッフの側からも、

「たまに、大村さんはマゾなんじゃないかって思いますよ(笑)」

なんて言われていますが、殴られれば殴られるだけ、感度も鈍るんです。傷の上に傷が重なり、皮も厚くなってしまい、多少のことには全く動じなくなってしまったのかも知れません。

多分、私がここで書いている内容は、表現がキツくても、生きていく上では重要な部分だと思っています。殴られても殴られても考えを変えないのは、自分が間違っていないという確証を、様々な人達から受け取っているからなのでしょう。

何もしなければ殴られることもありませんし、傷もつきません。逆に、何かすれば必ず殴られますし、傷もつきます。ただ、まともなことをすれば支持してくれる人も増えますし、皮も厚くなってダメージも減ります。集中攻撃を受けることもありますが、それを上回る援軍も出てきてくれます。

今年のCARPEFIDEMは、どういうわけか春からの申し込みが例年の三倍ほどになっていて、恐らく年度のどこかで募集を停止することになると思います。これも多分、「当たり前」を理解する人々からの理解があってのことなのだろうと思っています。本当にありがたいことです。

今年卒業する子達は、私がボコボコにされているのを知っていますので、まあ大丈夫でしょうが、ついでに言っておきます。

「多分、君らも僕の10分の1位は大学でボコされると思うけど、自分の考えが間違ってないと思ったら、自信を持ってボコされてきなさい。重傷からは逃げないといけないが、間違っても小さな怪我から逃げてはいけないよ。怪我の上に怪我が重なって、自然と頑強な精神ができ上がってくるんだからね。ボコされても、『まあ、大村よりはマシだな』と考えていたまえ」

 

時間が無いと、自分を省みることも出来ませんが、今日の自分には時間がありました。そして、昔を思い出させてくれる、ウサギ様というありがたい存在が傍らにいました。多分、これからも私は方々で殴られるでしょうし、それでもまた適度に耐えるでしょう。自分の良いところは、鈍さにあります。決して切れ者でもありませんし、優れているわけでもありませんが、耐久性だけはなかなかのものです。

ウサギの顔マッサージ休暇なのに、物言わぬウサギに自分を教えて貰った、不思議な一日のお話でした。

“殴られても殴られても……。” への6件のフィードバック

  1. めもりー より:

    大村さんはヘンタイだったのですね。それはそれで納得できるかもしれません(´・ω・)
    私も当事者の頃はCARPEのサイトにどこか納得出来ない部分もありました。どこかで、憐れんでしまうんですね。手遅れになってしまった人達は、何か不幸を抱えているのではないかと。なので、「切る捨てるべき」と納得してしまうような、そんな自己中心的な引きこもりの人達の具体的なQ&A的なコラムもお暇な折りに作って頂けたら嬉しいな、と思う所です。そこから何か見えるものもあるのかな?と…。

    どうしても、末期の引きこもりの方々は繊細で臆病で捨てられた子犬のようなイメージを抱いてしまいます。多分、世間もそのようなイメージが強いと思うので、末期の方々には過酷な最終手段しか残されていない、という実感を持ちたいです。

    昨夜はお店のママがお客さんとの付き合いで、一人で店を切り盛りしました。勘定が合わなくてヒヤヒヤ(´゚д゚`)でも何とか切り抜けました~。自立出来るって嬉しいことですね。私は愛猫のネコパンチを癒しにがんばります~!

    • CARPE・FIDEM より:

      >めもりーさん
       
      >大村さんはヘンタイだったのですね。それはそれで納得できるかもしれません(´・ω・)
       
       認めたくないものだな……(シャア少佐風に)。
       
      >私も当事者の頃はCARPEのサイトにどこか納得出来ない部分もありました。どこかで、憐れんでしまうんですね。手遅れになってしまった人達は、何か不幸を抱えているのではないかと。
       
       何かしらの不幸は必ずあります。ただ、どうにもならない程の不幸は、ほとんどないというのが現状です。きちんと挑んでいる人は、仮に不幸でがあっても変えようとしますが、逃げてばかりの人は、「自分は不幸だ不幸だ」とばかり言って、結局何もしません。手遅れ系の大多数は、結局この後者のタイプらしいのです。つまり、手遅れ系とは、「逃げまくり系」の結果論だと。
       
       よって、めもりーさんのご指摘は部分的に正しいです。単純に、不幸にどう対処したかで、その後が違うというだけのことです。
       
      >なので、「切る捨てるべき」と納得してしまうような、そんな自己中心的な引きこもりの人達の具体的なQ&A的なコラムもお暇な折りに作って頂けたら嬉しいな、と思う所です。そこから何か見えるものもあるのかな?と…。
       
       正直なところ、生々しいのはちょっとアレなんですよね……。
       
       カドが立たないように無難に言うと、「家族への威圧と暴力」が分かりやすいでしょうか。何故かは分からんのですが、最初は大人しかった人でも、年取っておっさんおばさんになると、半数以上が家族に対して変に高圧的になるんです。周囲から見てると「何だ?このエラそうなおっさんヒキは?」としか見えんです。自然と嫌悪感が出るような態度、と言えば分かりやすいかと思います。
       
      >どうしても、末期の引きこもりの方々は繊細で臆病で捨てられた子犬のようなイメージを抱いてしまいます。
       
       実際に見てみると分かりますが、「臆病で捨てられた子犬」のイメージは、一部の支援者や当事者側によって都合良く作られた作為的イメージというのが正直なところです。私も最初はそのようなイメージ前提で接していたのですが、実情を見ると段階的に評価が変わり、今では、
       
      「10代から引きこもっていて中年になったような当事者に、まともな判断力を持つ人はほぼいない」
       
      という結論に至っています。30代まで仕事していて、みたいな社会性のある人なら、まだ良いのですけどね。
       
      「臆病で捨てられた子犬」のイメージを支援者側が出すのは、そうした方が補助金を得たり、社会からの同情を得るのに都合が良いからです。動物愛護もそうじゃないですか。可愛い子犬とか、子猫とかには、皆こぞって募金するでしょ? でも、「フンコロガシが絶滅の危機に!」とか言われて募金する人いないでしょ? そういうことです。実際はフンコロガシなのに、無理矢理にでも「臆病で捨てられた子犬」にしないといけない大人の事情があるんです。特にお金の面で。
       
       で、そう言った関係者の裏側が見えてくると、「何だかなあ……」とか思うんですよ。不健康に青白かったり、お腹弛みまくったり、頭禿げ上がったりしてる中年引きこもりを見て、「臆病で捨てられた子犬」と評価するのは、正直ちょっとキツいです。20代までなら、「臆病で捨てられた子犬」もアリなんですけどね。
       
       まあ、めもりーさんも実際に見てみると分かりますよ。百聞は一見にしかず。
       
      >多分、世間もそのようなイメージが強いと思うので、末期の方々には過酷な最終手段しか残されていない、という実感を持ちたいです。
       
       過酷な最終手段というよりも、手遅れ系の人達は、何も言わずに放っておいてあげるのが一番なんですよ。実のところ、本人達も解決なんて望んでないこと結構多いですし、現実にどうにもならないことの方が多いし、周囲の負担も半端なく増える。
       
       これからもテレビで引きこもり家庭の孤独死とか増えると思いますけど、結局は反面教師にするしか無いと思います。
       
      >昨夜はお店のママがお客さんとの付き合いで、一人で店を切り盛りしました。勘定が合わなくてヒヤヒヤ(´゚д゚`)でも何とか切り抜けました~。
       
       それはスゴいな! 1人で切り盛りはさぞかし大変だったでしょう。自分の責任で何かを行うのは誰であっても大変なことですが、その責任こそが人を成長させるのだと思いますね。いや、大変結構です。
       
      >自立出来るって嬉しいことですね。
       
       本当にその通りです。誰しも精神的、経済的に自立して初めて、自分の実態が理解出来るのだと思います。逆に、依存は人を歪めますので必要最低限に絞りこみ、必要以上の依存はしない。これが生きる上での基本です。
       
      >私は愛猫のネコパンチを癒しにがんばります~!
       
       それは良いですね(笑)。昔から思ってるのですが、猫の前足って面白いですよね。何故あんなに器用にチョイチョイと動くのか、ずっと不思議です。
       

  2. めもりー より:

    ご返信をありがとうございます。

    >「家族への威圧と暴力」
    うう。耳が痛いです…。私も抜け出せたから良かったものの、もし引きこもりのままだったら今でも良い年した反抗期のどうしようもない娘のままだったと思います。

    コラムを遡って拝見しましたけれど、不幸の中に「親からの甘やかし」という要因が強い背景を作っている部分が大きそうですね。私の親も、少し甘かったかもしれません。子への愛情がなく、虐待の果てに、などだったら理解し易いのですけど、「甘やかす」とは愛情そのものですよね。でも、子供から自立を奪うような育て方はどこか親のエゴであもあるのでしょうね。引きこもりの子が変わるには、親の対応が重要だということも、少しずつ実感出来ました。

    私も、服薬を減薬する方向でやっていこうと思っています。お店のママが、プライベートでもよく助言をしてくれていて。「私はめもりーが異常だと思ったことは一度もないよ。薬が必要だって言って、逃げの口実にしてるんじゃないの?」と言われてハッとしました。すべての精神病の人には当てはまりませんが、自分汚場合、精神を鍛えることで、病気そのものから脱却出来るような気がして。「私も血反吐吐く思いで仕事してきたけど、病気になる余裕なんてなかった。子供も育てなきゃいけない。食ってかなきゃならない。(シングルマザーです)誰にも守ってもらえなかったら病気にだってなる余裕はないんだよ」って。

    こんな風に、「どう自立していくか」ということを向き合わせて貰える人との出会いはとても貴重なものだなと思いました。

    末期の引きこもりの方も…。せめて福祉の負担が軽くなるように、バイトを出来るくらいに強く生きていきられるアプローチはないかと考えました。臆病で繊細なおじさんではなく、だらしなくて、惨めな社会のお荷物なんだよと、言って何かが変わるなら私も言いたいです。まだまだ私は自分だけのことで精一杯ですが、元当事者として問題とは向き合っていきたいです。

    改行が上手くいってなかったらごめんなさい(>_<)
    他に依存し過ぎず、頂く助言は大切にしながら、私も一人前の社会人になりたいです!
    猫の前足は人間をたぶらかすためにあるのです。猫様の支配の下では、きっと世界は平和になるのです。もふもふの間では、人間の威厳なんてひとたまりもありませんね(/・ω・)/

    • CARPE・FIDEM より:

      >めもりーさん
       
      >コラムを遡って拝見しましたけれど、不幸の中に「親からの甘やかし」という要因が強い背景を作っている部分が大きそうですね。
       
       子供の成長は基本ゆっくりで、急激には進行しないようですが、親が変に先回りしたり、「やりたくないの? なら、やらなくていいのよ?」みたいな姿勢を続けてしまうと、ゆっくりじっくり、無能な大人が出来上がるみたいなんです。
       
      >「私も血反吐吐く思いで仕事してきたけど、病気になる余裕なんてなかった。子供も育てなきゃいけない。食ってかなきゃならない。(シングルマザーです)誰にも守ってもらえなかったら病気にだってなる余裕はないんだよ」って。
       
       ママのお話は全面的に正しいですね。長期引きこもりは、結局親がベタベタに守ってしまった結果です。守って貰えることが分かってるから、生きる姿勢も甘くなるし、行動も甘くなるのでしょう。
       
      >こんな風に、「どう自立していくか」ということを向き合わせて貰える人との出会いはとても貴重なものだなと思いました。
       
       そのママは貴重な存在ですよ。まだ色々聞けるはずです。是非勉強を。
       
      >末期の引きこもりの方も…。せめて福祉の負担が軽くなるように、バイトを出来るくらいに強く生きていきられるアプローチはないかと考えました。
       
       あれば良いのですが、中々ね……。
       
      >臆病で繊細なおじさんではなく、だらしなくて、惨めな社会のお荷物なんだよと、言って何かが変わるなら私も言いたいです。
       
       いや、言っても変わらんです。言って変わる人は、そこまで残ってないですから。
       
       と言うか、めもりーさんの身が危ないのでやらんで下さい。自尊心欠損系の人間は、とにかく面倒臭いです。目上の人間から何か言われると、陰で相手を叩きますし、目下の人間に何か言われると、正面切って威圧してきます。変なメールを女性に送りまくって警察に御用とか、結構多いんですよ、マジで。
       
       全員ではないですが、長期高齢引きこもりおっさんは、欠損した自尊心を埋め合わせるために、マウンティング取れる相手にはバンバン高圧的に出ます。取り分け「女子供」を叩きたがる傾向にありますから、数歩引いて観察する位が丁度良いです。基本は関わらんことです。
       
      >改行が上手くいってなかったらごめんなさい(>_< )    いえいえ。お気遣い無く。   >猫の前足は人間をたぶらかすためにあるのです。猫様の支配の下では、きっと世界は平和になるのです。もふもふの間では、人間の威厳なんてひとたまりもありませんね(/・ω・)/
       
       ああ、それは分かりますね……。確かに、既に可愛さに支配されてる感じしますもん。攻撃されても、絶対こっちから攻撃しようと思わないじゃないですか?
       
       本当は、人間が飼われているのかも知れませんな。恐ろしいことです。
       

  3. めもりー より:

    ご返信ありがとうございます。
    >数歩引いて観察する位が丁度良いです。
    ご助言、しっかりご参考にしたいと思います。
    2ちゃんねるに「ひき歴20年」「30年」とかいうスレッドがあるんですけど、結構みなさんゆる~いんですよね。どこか仙人みたいで。
    でも、何も知らない内は深入りせずに、まずは自分自身の要因を探ったりしていきたいと思います。アドバイスをありがとうございました。

    • CARPE・FIDEM より:

      >めもりーさん
       
      >2ちゃんねるに「ひき歴20年」「30年」とかいうスレッドがあるんですけど、結構みなさんゆる~いんですよね。どこか仙人みたいで。
       
       それはそれで良いことですよ(笑)。誰に迷惑かけているわけでもないですし、今の時代だから発生し得た、1つの人生の完成形かも知れません。
       
       仮に長期の引きこもりでも、面白い人はきちんと存在します。付かず離れずで上手くやって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pagetop