不登校・引きこもりからの大学進学塾

ブログ

お家再興と個人主義

「悠君、でも何でそんなにおじいちゃんおばあちゃんの墓参りに来たがってたの?」

GW中、母方の祖父母の墓参りに行った際、伯母さんからポロッとこんなことを言われました。最近は、30代そこそこで、わざわざ遠方まで出向いて墓参りする酔狂な人も少ないからでしょうかね。

「いや、そんなスゴい理由はないです。単に傲らないように。人間、何事も上手く行ってるときは傲るので、年に何回かはきちんと頭を下げようと」

「は~。偉いねえ」

「いえ、道徳的観点からではなく、純粋に自分の利益のためです。傲ると、結局ロクな事が無い(笑)」

仕事半分ながら、今年のGWはそんなこんなで、しばらく隔たっていた親族関係者を巡る部分が多々ありました。母方の伯母さん夫妻と、その娘さん(私から見れば従姉妹でしょうか。)からは、母方の家系の様子を振り出しに、戦前戦後の苦労話や、高度経済成長期の変化の速さなどを聞きましたが、話題には事欠きませんでしたね。

「おじいちゃんがもう少し生きてくれていたらねえ……」

は私の母の口癖ですが、それでも尚、祖父母が繋ぎ合わせたこの関係は得難いものだと思います。

思い返せば、私は総合的に見て「人」に恵まれた人生を送っています。

適切なアドバイスと、精神的・経済的安定を保証してくれた父母。

時宜に合わせ、反目と協力と調和を共に学んだ弟妹。

社会での立ち位置を、別視点から教えてくれた親戚。

歳を重ねても、今なお途切れることのない友人達。

アレコレ言いながらも、何やかんやで一緒にいる妻。

私は、基本的に保守的な人間です。新時代を志向した「自立と責任意識の無い個人主義」が、結局節操の無いヒッピーまがいの安いっぽい文化と、修復不能なまでの家庭間の分断を生み出した様を見ているので、どうしても行動がその逆に動きます。

そして、その逆の行動には、何らかの「縁」を基盤として、多少の不自由を抱えながらも、質の高い人間関係が形成されることを知ってしまった。今回の旅行もまた、それを再確認させるものとなりました。

より良い人の周囲には、より良い人々が集まります。周囲がおかしいなら、自分も大なり小なりおかしいですし、それが嫌ならより良い環境へ場所を変えれば良い。変えないなら変えないなりに、その人もおかしい人々の仲間の一人ということなのでしょう。変えられないというのは大体が言い訳で、変える気のある人はいつだって変えています。

多少の責任意識と、多少の自立意志があれば、自然と好ましい人間関係が形成される。今ある環境もまた、自分が作り出したものであると再認識出来、大変満足な休暇となりました。この点だけは、自分で自分を評価したいところです。

いつもニコニコしていること

 社会人になってから気付いたことだと思いますが、能力面で総合的に優れ、安定的な人は、大体いつもニコニコしている気がします。

 簡単なことのようですが、「いつもニコニコ」は非常に難しいです。人間誰しも、感情の起伏があります。睡眠不足のときもあるでしょうし、嫌なことばかり続いて落ち込んでいるときもあるでしょう。愉しいことを前にすれば明るくもなりますし、試験を前にすればピリピリもするでしょう。

 しかし、どのような状況でも「いつもニコニコ」しているとするなら、これは中々大したものだと思いませんか? 推察ですが、このような人は、

1:いつも心に余裕を持つことを心掛けている。

2:トラブルの対処が巧みである。

3:物事の優先順位付けが適切である。

4:陰鬱は無礼なことだと理解している。

5:自分を肯定的に見ることが出来る。

等の条件を粗方満たしている人ではないかと思います。

 私は、自分自身にこれといった長所が無いためか、自分よりも優れた人が大好きで、優れた部分があると積極的にマネをするようにしています。ただ、この「いつもニコニコ」はなかなか難しい。頑張ってみても、どこかで微妙に欠損が出ることが多いです。

 理由は良く分からないのですが、この「いつもニコニコ」出来るひとは、優秀なキャリアウーマンの人に多く見られる気がします。女性特有の耐久性がそうさせるのか、はたまた最近の女性が兎に角優秀なのか判別はつきませんが、周囲に対して非常に良い影響を与えていることは間違いありません。

 難しいことではありますが、私も「いつもニコニコ」出来る人間になれるよう、日々心掛けたいと思っています。

 

千葉合宿1日目(トイレ~杭抜き)

映画「で、トイレどこですか?」

 家の周囲をグルグル回りながら、チェックを終えた映画君と長靴君が戻ってきます。

E「向かって左側の廊下奥。途中の廊下は2人以上で乗るなよ。床板が折れて落下するから」

映画「……排泄さえも安心して出来んとは」

長靴「……」

ファ「でも、ここのトイレ臭くないですね。ぼっとんなのに」

E「全てを飲み込む深淵の闇を恐れて、誰も使わないからのう。臭くなりようがない」

野球「虫来ないなら何でもいい」

 虫が嫌いな野球君も含め、皆トイレに興味津々です。

E「まあ、そんなことより、そこの3人は、畑を潰してくれ。今回はコペン君も来て、車が多いから、そこを潰して車両スペースを作らないと。ファーブル君は階段作りな。縁側に上がりにくいから、大工作業をヨロシク」

全員「うい~」

1時間後~

ファ「出来ました!」

E「お。これはなかなか」

ファ「不安定ですけど、とりあえずはいけるでしょう」

E「うむ、上出来じゃ」

 日曜大工を進めるファーブル君の一方、畑組は苦戦中です。

映画「ダメだ~! この杭は抜けん」

長靴「これ、土の中でコンクリでくっついてないか?」

野球「そこで真打ち。僕のソフトバンクホークス的フルスイングですよ!」

 納屋から持ってきた鉄製の斧を振りまわりながら、野球君が笑顔でやって来ます。

E「あ、ちょっと待て! その斧は把手がボロくなっ……」

野球「オリャア!!」

 快音と同時に、付け根から砕けて地面に刺さる斧。

映画「っぶね!!」

長靴「方向考えろよ!」

野球「うわ~。マジで砕けましたわ~」

E「言わんこっちゃない。古い農機具だからな。後でコペン君に修理して貰おう。まあ、責任もって、三人でその杭は抜いておけよ」

三人「うい~」

1時間後~

野球「せいや!」

長靴「ほいや!」

映画「あいや!」

野球「せいや!」

長靴「ほいや!」

映画「あいや!」

E「……何やってんだ、あいつら」

ファ「三方向から杭を殴りつけると、ジワジワ抜けて来るらしいんですよ」

E「……脳筋やな」

野球「せいや!」

長靴「ほいや!」

映画「あいや!」

野球「せいや!」

長靴「ほいや!」

映画「あいや!」

1時間後~

野球「! 今動いた?」

長靴「いけるか!?」

映画「ここは私にお任せを!」

 スゴい顔で杭を引き抜く映画君。

映画「んが~~!!!」

野球「やれ! いけ!」

長靴「後少し!」

映画「!!!」

長靴「やった!」

野球「いったか!」

映画「取ったど~!!!」

 「父親達の星条旗」のようなポーズで杭を引き抜いて、歓喜に打ち震える三人。

E「錆びた杭一本でここまで盛り上がれるのは素晴らしいね……」

ファ「生産性限りなくゼロ……」

 万歳三唱の中、後発のキャラバンが到着します。

三人「バンザーイ! バンザーイ!」

ジギング「??? こいつら何やってんだ?」

ネトゲ「何か嬉しそうだね……」

廃墟「……」

富山「……」

スーパードライ「……」

 廃墟さんと富山さん、スーパードライさん女子三名の生ぬるい視線を浴びながら、男達の戦いは幕を閉じたのでありました。

千葉合宿1日目(古民家到着まで)

最終的に参加者総数13名となった今回の千葉合宿は、早朝出発して先に掃除を済ませておくチームと、後から重い荷物をまとめて持ってくる輸送チームの2つに分かれています。私の担当は早朝組。Eco、野球君、映画君、ファーブル君、長靴君の5人で先行します。

E「気持ち悪くなったら言えよ~」

映画「最近トイレ近いんで、ゆりかもめで降ろして下さい」

ファ「うみほたるじゃないですか?」

長靴「……」

野球「腹減った。ファミチキ食いたい。でも、最近ファミチキ高い」

何とも、統一性の無いメンバーでスタートです。

道中、激しく尿意と戦う映画君を、首都高で左右に振り回し、悶絶させながら、海ほたるを越え、車は一路千葉大陸へ。

E「諸君、文明空間は終わりやで? ここからは野生動物が支配する、非文明空間や!」

映画「良いですね~。これで、心置きなく立ちション野ションが出来ますわ」

野球「文明空間は、法と人々の目が厳しいからね」

ファ「古民家のトイレは文明化されてますか?」

E「いや、場合によっては、立ちションの方がお薦めかもな」

長靴「……」

途中でキョンや雉と遭遇しながら、一行は8時半に古民家へ到着。

E「さあ、着いたぞ諸君! これこそ、我らがスイートホームよ!!」

全員「うおー!」

映画「聞きしに勝るボロっぷりですね~」

野球「虫! 虫が出そうだ! 虫コナーズ買おう!」

ファ「確かに、資産価値6万円というのは嘘では無さそうですね……」

長靴「……いくらだったんすか?」

E「250万」

映画「やっす!」

E「最初500万で、不動産屋さんに『これ、500万じゃ誰も買わんですよ。半値なら買いますよハッハッハッ!』ってギャグこいたら、本当にその場で半値になった」

ファ「……男なら、後には引けんですね」

映画「田舎のディスカウントパナイ」

野球「うお~! 沢ガニだ! 沢ガニおるわ! 唐揚げだわ!!」

相変わらず統一感の無い一行。とにかく掃除をしないとどうしようもないので、各自行動開始です。

寄り添うことの容易と困難

これまた随分昔の話ですが、慶應の理工に行った卒業生の子と一緒にお酒飲んでたときに話していた話題です。誰もが一度は引っかかることでしょうが、ちょっとどこかで参考になるかと思いましたので、昔の記録を頼りに、少し形式(文章形式と時間)を変えて残しておきましょう。

因みに、不登校や引きこもりとは全く関係ありません。悪しからず。

 

 まあ、何だ。君の言いたいことも分からんでもないんだ。ただ、自分の出来ることに限界があると僕は理解してるし、多分現実的にそう。

 だから、彼女の抱える問題に対して、君が具体的に何かの解決策を提示する必要はないと思う。と言うか、そもそも論として、人間抱える状況は実に多様で、生育歴も好みも仕事も全て違う訳で、人が他人の課題に対する具体策を策定するなんて無理がないか?

 仮に助けになることがあったとしても、それは偶然の産物か、或いはそれっぽく聞こえるだけか、単に抱える問題から受けるダメージを緩和してあげているだけかも知れない。まあ、ダメージ緩和は確かに助けになってるかも知れんがね。

 言わんとしていることはだ、君の彼女に対する無力感は、君の能力とは直接的に関連がない。関数になってない。相関性が無いものについて、あれこれ言っても始まらんだろ? それとも何か? 君はそこまで自分が有能だとでも思っているのかね? しかし、それはおこがましいことではないかね? 神かね、君は?

 出来ないことは止めてしまえ。どうせ出来んのだ。第一、それは彼女の問題だろう? 仮に君らが結婚したとして、それでも所詮は他人ですぜ? 同一人物にはなれんのだ。同一性を志向するのは構わんが、それは彼女にとってもお荷物ではないかね、君が。手伝ってるつもりで、実は邪魔。天晴れなことだね。

 君が行うことは簡単だ。単に彼女の近くにいるだけでいいんだ。別に、アレコレ言う必要はない。とりあえず傍にいて、「うんうん、ほうほう」と言ってればいい。これ重要。

 僕を見てみろよ。前にも話したかも知れんが、これまでの彼女全てこっちから告白して付き合うけど、全部相手から振られてるのよ? 

 最初は情熱的に突っ込むけど、だんだん忙しくなって疎遠になるでしょ? で、あるとき、

「仕事と私とどっちが大切なの!?」

 何この複数回のテンプレ? 傍らで「うんうん、ほうほう」をやらなかった結果ですよ。まあ、僕が悪い。

 だからさ、とりあえずそこまで彼女の件で頭使うのやめてさ、とりあえず「いる」ことに徹せればいいじゃない。「いる」って、案外大切よ? 君は認識してないかも知れんけど。

 馬鹿の考え休むに似たり。いや、別に君を煽ってるわけじゃない。要らんことに頭を使うことの愚かしさを言ってるだけさ。頭にはHP(ヒットポイント)があってさ、使い続けてダメージ受けると、活動止まるでしょ? 使うところで使いなさいよ。

 

 ただ、難しい部分もある。「いつ」いるべきか? そして、自分の精神的・経済的余力だ。

 君だって、近く就職だろ? 現実論として、彼女にそんな時間割けんだろ? 必要なときに、君が物理的に動けない可能性もある。彼女が君にいて欲しいときに、君がいられないわけだ。

 同時に、社会人になると、大学以上に磨り減ることも多い。仮に君が彼女の傍らにいたとしても君自身が精神・経済両面で磨耗していては、「うんうん、ほうほう」も出来ない。余裕が無い者同士は容易に破綻するからね。余裕は資産ですよ。

 だから、余力を持った上で、その「いつ」を察するのは、高度な駆け引きだ。自分と社会(会社)との折り合い、自分と彼女との折り合い、そして、過去に蓄積された彼女の傾向。非常にプラクティカルな話だよ。まあ、奥さんの「気まぐれ」に振り回されて、ここ最近失敗続きの僕が言えたクチではないがね。

 君は、彼女にとって常時必要な存在ではない。べったり君の君は否定するかも知れんが、断言出来るね。概して、男はそういう扱いをされるものだが、これは男の宿命だ。お互い、甘んじて受け入れようじゃないか。この話だけで、高校生からご老人まで、年代不問の統合的男子会が出来る位だ。「亭主元気で留守がいい」なんて言葉もあるだろ?

 話を戻そう。つまり、君はピンポイントで「い」ないといけないんだ。そのピンがどこに来るか、そこに頭を使おうじゃないか。頭の使いどころは、つまりここなんだよ。お互いすべき義務があるんだから、馬鹿みたいに彼女のことを考えるんじゃない。それは本当の馬鹿のやることだ。続けてると、二人とも破綻しますぜ? HP切れでな。

 

 君が昔CARPEに来たとき、君は自分の問題を話していたね? 内面の問題。言うなれば、青年期の課題だ。サルトルだとか、キュルケゴールのエリアだろうかね?

 しかし、今の君は他人の問題を話している。外面の問題。中年期の課題、とでも言うのかね? 君はまだ若いが。

 これは大変素晴らしいことだ。内が固まり、それ故、外に挑める。これは、君が大きく成長した証拠であり、誇らしいことだ。自分に余力がある証左だ。絶対的な自信を持ってよいと思うね。

 ただ、これは全く別の世界の話だ。古典力学と量子力学位違う。司っている基本ルールが全く違う。似ている部分もあるが、本質は別と見てよい。

 君は今、自身の内面の問題に対処したのと同じ姿勢で、外面の問題、即ち彼女の問題に対処しようとしている。なるほど、彼女自身は内面の問題を抱えているかも知れんが、それは彼女のものだ。君のものではない。どんなに一緒に考えていたとしても、君は所詮外野なのだ。履き違えてはいけない。そこを履き違えるのは、至って無礼な話だ。無論、彼女に対してな。

 君は君自身の内面の問題をクリアし、成功体験を持っているが、それは最早何の役にも立たない。早々に捨て去り、新しい世界の法則を探求しなくてはならない。今僕が強く言いたいのはこの点だね。自分の過去にしがみ付くのは止めろってことさ。君の内面と、彼女の内面は全く別物なのだから。結局は、彼女に任せるしかない。ただの補助役に徹しろってことだ。その方が君も楽だろうに。

 

 まあ、これだけ言えば分かるだろ? 君は最初から彼女の問題を延々と話していたが、実のところ問題の要諦は君にあるんだよ。いや、彼女の問題に対して、君が悪いと言っているのではない。君がすべきことは、彼女とは別のところにあるってことだ。

 小林秀雄だったか誰だったか忘れたけど、「紛糾しているのは他人ではない。自分だ」とか何とかあったろ? 他者が介在している問題にしても、基本的には自分への課題として跳ね返ってくるのさ。これが分かれば利口。分からないのが馬鹿だ。

 そして、僕らはその自分に跳ね返ってきた課題さえ、全て満足することは出来ない。だから、他者を介在した問題の対処に失敗したとき、我に返ったように嘆くんじゃないかね。「自分がもっとしっかりしていれば」って。違うかね?

 彼女を自分がコントロール出来るだなんて思わないことだ。他人なんて、ほとんど得体の知れない自動操縦機能で動いていて、部分的理解がせいぜいだ。相手だってそう感じている。はっきり言えば、彼女も君にそこまでは期待していないさ。僕も奥さんに期待されてない。心配すんな。

 新しい立ち位置を持ちたまえよ。その立ち位置の法則を学びなさいな。そうすれば、君も彼女との関係に悩まず済むし、結果的には両者共に上手く行くだろうさ。居心地の良い過去の栄光を捨て、素寒貧で泥沼に突っ込んだ方が、人間成長するってことだね。泥沼には泥沼のルールがあるからね。

 因みに、こういった話は君だけじゃなくて、歴史の中で延々と繰り返されてきたテンプレバトルなんだよ。僕の親父もやってましたぜ、お袋相手に。少し前に実家帰って家族全員で集まったけど、今ではほとんど様式美の世界だよ、あれは。芸術と言っても過言ではない。まさに、「家族の肖像」だ。そしてまた、次の世代への受け継がれていく。立派なもんだ。

 そう考えると、少し気が楽にならんか? 君がここに存在している以上、君のご先祖も同じ戦いをしたわけだ。雲の上から、ご先祖全員(男のみ)が君を応援しているわけだ。これは大変心強い。

 まあ、何だ。君的には新しいネタかも知れんが、歴史的には古いネタってことだ。すべての道はローマに通ず。

 と、言うわけで、ここは一つ黙ってローマ流に従っておきましょうや。案外、それも悪くないで?

pagetop