不登校・引きこもりからの大学進学塾

ブログ

不登校・引きこもり ~その後の年収~

不登校や引きこもりの状態から、その後どのような人生を送るのか? 個々人の人生は多様ですので、一概にその善し悪しを数値的に計ることは出来ませんが、幸い、経済的な要素は数値でも計測可能です。そこで、CARPE・FIDEMの卒業生に加え、関連する協力者の方々により集められた情報から、

A:脱ヒキ群(高等教育有) 元不登校・引きこもりで、大学進学をきっかけに引きこもりを止めた群

B:脱ヒキ群(高等教育無) 元不登校・引きこもりで、大学以外をきっかけに引きこもりを止めた群

C:引きこもり群 現状で引きこもりから抜けていない群

の3通りに分類し、年齢と年収の相関性を散布図にしました。まだ集計途中で全て把握出来た訳ではありませんが、大筋の傾向が見えましたので、Ver1.00という形で公開します。(追加があり次第、更新する予定です。)

 

 

尚、このグラフには以下の注意点があります。

1:推定では、A群は少数派であり、B群は総数不明、C群は圧倒的多数派であると推察されるものの、各母数が比例配分されていないため、全体平均と中央値に歪みがあること。(そのため、全体平均・中央値は出力していません。)

2:A群は主に首都圏からサンプリングされている一方、B群とC群は国内全体でサンプリングされていること。

3:A群には、特殊な経歴により所得を大きく押し上げている者が数名おり、また所得の高い医師や外資系企業勤務者も含まれていることから、平均値は押し上げられていること。

4:A群の20代には、所得の少ない大学生・院生が一定数存在し、平均値を押し下げていること。

5:A群の20代には、将来的な所得水準の高い医学部・医学科生が一定数入っていること。

6:A群には、医療系専門職や優良企業勤務の者が相当数いるため、30代での所得上昇値が全体的に高めであること。

7:A群には、40歳以上の実例が少ないため、存在しても統計に出ていない要素があり得ること。

8:B群は、何らかの引きこもり支援現場在籍から、大凡3年以内の者が中心であり、それ以上の追跡は難しいこと。

9:B群には、引きこもりから脱しても就業をしていない、或いは、ボランティア等により所得の無い者も一定数いること。

10:C群は、親等の親族関係者からの聞き取りによるものが過半数であること。

11:C群には、所謂「親からのお小遣い」は入っていないこと。

 

■A群に関する考察■

脱不登校・脱引きこもり後の進路先としては、比較的高度な教育水準にあるケース(所謂Fラン大学を除外した一定以上のレベルの大卒)をまとめたものです。上位の難関大学卒業者も珍しくないため、社会全体の相場と比しても水準がやや高めになっています。これは、不登校や引きこもりがあったにしても、通常ルートに回帰することで、一般的な経済水準かそれ以上のパフォーマンスが可能であることを示しています。

一方、A群の最大の問題点は、50歳以上の統計がほぼ無い点にあります。実際は不登校・引きこもり経験者だったにしても、普通の社会人として生活していると統計に入れる機会がありません。そのため、全体的に若年層を基準とした統計に過ぎないことを把握しなくてはなりません。

また、現状での線形予測はプラスになっていますが、年功序列賃金制が崩れつつある現状を考えると、傾向がそのまま推移することはなく、緩やかな下降線を描くものと考えるのが妥当でしょう。この辺は、社会一般の事情と何ら変わりありません。

特筆すべき点としては、30代で2,000万円を超える高所得層が少数ながらおり、1,000万円越えも少なからず存在している点です。これは、

○医師

○会社役員

○外資系金融機関従業員

の三者が原因と推察されます。いずれも、社会全体の平均から大きく乖離する存在ですが、20代での選択が適切であった場合、不登校や引きこもり経験者であっても、経済的にはかなりの余裕を持つことが出来る点が伺えます。年功序列が事実上解体され、若年層程有利にはたらく情勢を追い風にした結果とも言えるでしょう。

また、上記以外にも、それに準ずる層まで含めると経済的に余裕のある群は比較的多く、優良企業従業員を中心として、長期の好景気を反映した形になっています。

 

■B群に関する考察■

脱不登校・脱引きこもり後の進路先としては、教育水準が中~低(所謂Fラン大学・短大・専門・高卒・中卒)群をまとめたものです。部分的に高い水準を示すこともありますが、全体としては低調気味で、概して昇給らしい傾向が見られず、寧ろ、中・高年齢程所得水準が下がる傾向にあります。これは、B群の勤務先がアルバイトや契約社員、派遣社員等、高年齢層に厳しく、所得と雇用に「頭打ち」が存在するためと推察され、この場合の上記の平均年収は200~250万円前後です。不登校や引きこもりという経歴がなければ、もう一段階高い所得水準にあると推察されますが、社会参画の経験不足と遅延が相対的に下降圧力を加えている可能性があります。

また、一定数の年収0~100万円という「親の扶養から脱出出来ない群」が存在し、彼等の所属は、

1:アルバイト従業員

2:ボランティアスタッフ

3:NPO法人従業員

が中心となっています。

2と3には、引きこもりから抜けた後、一般的な就職が困難だったことが原因で、支援側の斡旋でスタッフをしているケースが3割前後見られます。ただ、支援組織の財務基盤が脆弱なため、活動場所を転々とする人の姿も確認されています。

尚、少数ながら500万円以上のケースもありますが、これは「高齢化した親の事業を受け継いだ」「親族の関連する企業に縁故採用された」のようなケース、或いは、情報系の学部や専門学校を卒業し、採用面で恵まれていたため就職が容易で、その後も安定的に推移した等のレアケースが該当するようです。

若年期こそ就業先は確保されていますが、全体的に安定性に乏しく、高齢化するにつれて所得水準が下がる傾向にあるのが、この群の特徴です。年齢が40歳を超えると、500万円を超過するケースは今のところ無く、線形予測も緩やかなマイナスになっています。

引きこもりを脱したB群ですが、年金を含めた社会保険が脆弱な点を鑑みても、加齢と共に困窮する人々が一定数で発生する可能性は高いものと推察しています。また、引きこもりを脱しながら、事実上の所得が0に留まる群が、全体の平均を押し下げている点も考慮に入れる必要があるでしょう。

 

■C群に関する考察■

依然として、引きこもりが改善されていない群をまとめたものです。B群に対しては約6分の1前後、A群に対しては実に20分の1以下の年収しかなく、経済的にはどん詰り状態と言えます。一部に500万円前後のケースも見受けられますが、これは保有株式の売却に伴うキャピタルゲインであり、一時的な数値と言えます。(配当によるものが、年間30万円程。)

C群の大半は基本的に無収入で、親からの「お小遣い」を趣味や買い物に充てたりすることで日々暮らしています。用途は様々ですが、30代を中心として、最近はスマホ関連のゲーム費に充当するパターンが多いようです。

年収0が最頻値かつ中央値ですが、50万円以下の小規模な収入があるケースもあります。親からの「お小遣い」を除外した収入の収入源としては、多い事例順に、

1:株式・FXによる金融商品の取引(-1,000万円~500万円/年)

※マイナスは信用取引による値。

2:オークション等による家財品の売却(1万~30万円/年)

3:一般商品の転売(-100万円~100万円/年)

※マイナスは、不良在庫によるもの。

4:アフィリエイト・YouTube等のインターネット関連収入(ほぼ0万円/年)

5:親族・知人からの雑務(1万円~10万円前後/年)

6:イラスト作成等によるアート関連収入(10万円~100万円/年)

7:ライター・翻訳業務収入(10万円~150万円/年)

となります。

1:ギャンブル性が強く変動幅の大きい「金融商品の取引」が最も多く、しかも半数近くが親拠出の資金であることから見ても、依然として「親の金で一攫千金」を考える引きこもりは少なくないようです。ただ、その実態はかなりお粗末で、十分な収入と言える事例はほぼ存在せず、定期的な暴落で撤退するケースが多いようです。尚、信用取引が原因で親子関係が破綻する事例は残っており、お薦め出来ない方針であることは以前と変わりません。

2:「家財品の売却」は、家庭の内部にあるものを安価に売却するもので、対象は引きこもり当事者個人の所有物というよりは、寧ろ親族関係者の誰かの物であることが多いようです。無断売却の事例も聞きますが、「自分の足を食うタコ」のような行為の上、継続性に乏しいため、お薦めはしにくいです。

3:配達が増えることも一つありますが、自室に得体の知れない大量在庫が積み上げられており、それが廊下まではみ出てきて、家族が「転売」に気付くことが多いようです。在庫処理が出来ず、家族への無心が続く面から見ても、収支が良いケースは稀です。

4:特に語る必要はなく、引きこもりの「アフィリエイト」「YouTube」による成功例はほぼ存在しないようです。ただ、YouTuber的活動による収益性はまだ未知の部分が多く、十分に統計に反映されているとは言えません。後の状況によっては好転する可能性があります。

5:比較的軽度な引きこもりor社交性のある引きこもりの場合、市場を経由しない軽作業的「雑務」で多少の所得を得ることがあります。あくまで「お手伝い」の延長のようですが、社会復帰の初期段階として見れば、好意的手段とも言えます。

6・7:「引きこもりが絵を描く」「引きこもりが文章を書く」と言うよりは、元々アートの感性に長けている人や、文章力に長けた人が、たまたま引きこもり生活に堕してしまった結果として、日々の糧を得るために選んだ手段が「アート関連収入」「ライター・翻訳業務収入」です。全体の中では最も現実的かつ社会性を持つ手段ですが、元々が引きこもりと関係無いケースもあるため、引きこもり当事者の収益事例として適切と言えるかどうかは微妙なところです。

 

初回での集計は以上となりますが、まとまった時間が取れ次第データを更新致します。偏りがある点は認めた上で、参考までにご利用下さい。

医学部A判定がジワジワ出て参りました。

「駿台全国判定模試」と「駿台全国模試」は、医学部受験生にとって重要な試験です。前者は中堅医学部まで、後者は上位医学部向けの模試ですが、今回は前者の試験が返却されてきました。まだ全て見た訳ではありませんが、中々良い結果で、A判定がボチボチ混じり始めています。人によっては、5月のE判定スタートから半年でA判定まで持ち込んだことになりますので、今までの努力が分かりやすく成果となったと言えるでしょう。

経験則上、9月の段階の模試で安定的成果が出ていると、その後の学習も安定的に行うことが出来ます。学習上の蓄積もさることながら、メンタリティの部分で「勝ち馬」気分になるからでしょうか。何にせよ、大変結構なことです。

勿論、まだC~D判定で止まってる人もいますし、

「いい(E)判定じゃクソがああああ!!」

とお嘆きの諸将もいらっしゃいますが、まだまだ勝負はこれからです。良く出来た人も、ダメだった人も、残りの時間を有意義に使うよう心掛けて下さい。追い詰められたときこそ、その人間の本性が出て来ますからね。

初等英語(中学生範囲)の重要性について

ここがCARPE・FIDEMになる前の話で、私が大学生のときのことですが、一緒に指導をしていた友人からこんな話が持ち込まれたことがあります。まだ私も指導経験が乏しく、「分からない理由が分からない」状態だったときの話です。

友「今後入って来た子、確か○○高校(都内の有名私立進学校)出身だよな?」

E「あ、うん。確かそうだったと」

友「英語は?」

E「いや、結構得意だったと聞いてるけど」

友「中学一年~中学二年の範囲が結構怪しいよ?」

E「え、本当に? どんなところで?」

友「『誰が普段からここに来てるんだっけ?』ってのと、『君は何年前にそこへ行ったの?』のやつ」

E「……確かに中二範囲やな。英作だよな?」

友「そう。でも、センター的には150近く取れてるから、今から中学までバックするのもなあ……」

E「希望先は東大含めた帝大系列のどこかだろ? センターは良いにしても、作文危ないのは、それこそ危ないと思う」

友「どうする?」

E「僕が本人に直接聞いてみるわ。ちょっと待ってて」

で、実際に本人に確認してみると、つまるところ、

「文法はぼんやりとしか勉強してないけど、単語は知ってるから、読解はフィーリングでやってる」

「フィーリング読解なので、文型解析必要な読解になると、急にスコアが落ちる」

「一定以上までは出来るけど、それ以上に点が上がらない」

「私大みたいなマークだけのところは良いけど、英作文とかが混合される国公立系はほぼダメ」

という、典型的な「一見すると出来てるように見えて、実はあまり出来てない系」のパターンでした。比較的真面目なものの、文法を体系的に学んだことのない子が陥る、あるある失敗例です。

因みに、この子はその後三ヶ月ほど、中学一年までバックして集中的に文法を説明しただけで、センターがほぼ毎回190以上、駿台全国でも偏差値70を下回ったことがありませんでしたので、ボトルネックが基礎文法にあったのは言うまでもないことでしょう。

 

この件をきっかけに(これだけではありませんが)、先に挙げた、

『誰が普段からここに来てるんだっけ?』

『君は何年前にそこへ行ったの?』

に加え、

『私は医者ですか?』

『ここはどこ? 私は誰?』

『3年前のことですが、ベルリンに行ったことがあります』

が、中学二年まで(厳密には、中学三年)の基礎英語を確認する際の指導項目になっています。全て中学二年までに学ぶ英語ですが、問題の趣旨は理解出来ますでしょうか?

この五問は一見簡単ですが、実際にやってみると必ず何かしら本質的なところでケチがつくテーマを持っています。難しめな国公立大や医学部・獣医学部を受験では、リスニングと英作文で致命的な差がつきますので、不登校とか関係無く、難関国公立大を受験予定の人は是非満点が欲しいところです。

 

事情は昔から変わりませんが、一般的に、東大を中心とする帝大系列の大学や、医学部・獣医学部等のように、教育水準の高い学生の集まる学部の試験には一定の傾向があり、

1:奇をてらった問題は出来なくて良いから、基礎をきちんと固めること。

2:知識自体も重要だが、それ以上に論理展開に強いこと。

の二点が特に大切とされています。この部分は、

1:やらせたいことは分かるけど、何か作問が中途半端。

2:論理展開以上に、謎知識を要求することが多い。

傾向にある、私大にも修正を期待したいですね。(特に慶應とか。)

CARPE・FIDEMもこの難関国公立大の傾向に合わせ、まずは徹底的に足場固めをして、後の成績が安定化するように注意して授業をしておりますが、今年は特にその対策が奏功し、基礎クラスにもかかわらず、既にセンター試験で7~8割近いスコアを出す子が出てきました。これは、高校二年生の段階でセンター試験がほぼ完成し、ラスト一年で2次試験対策を行うことの出来る、上位の中高一貫校と同じ流れです。

段階的に涼しくなり、学習面でもそろそろ収穫の季節です。勉強も作物も出来不出来気になる今日この頃ですが、成果を出すには何事も丁寧な「土作り」が大切になります。これまでの努力が試験にも出てくることを期待して、丁寧な収穫を心掛けようと思います。

不登校の医学部受験生における面接の重要性について

大筋の経験則ですが、医学部の面接試験は、偏差値が上がるほどに扱いが軽くなります。言い換えると、高偏差大学ほど面接は形式的で、偏差値が下がるほど、面接を重要視する傾向にあります。推定では、高偏差値大学ほど研究重視の傾向にあり、ヒトよりモノを見る率が上がるためと言われています

ただ、医学部の場合は学部が学部ですので、最低レベルの大学でも早慶理工系程度の学力は確保されており、どの大学であってもスッカラカンの頭での合格はまずあり得ません。基本的には、全て一律に高い学力水準にあると考えるのが自然であり、医学部内部での学力の上下は、医学部生同士では関知し得ても、我々一般人の第三者視点では違いはほとんど分かりません。一律に「優秀」と見て差し支えないでしょう。

しかし、不登校経験者の場合、この「面接」が(場合によっては小論文も)少々シビアに機能します。例えば、一般的な18歳が受ける面接内容を簡単な具体例併記で見ると、

○どんな高校生活だったか?(過去の経歴に関する話題)

○医療のどの辺に関心があるか?(医師の素質に関する話題)

○ここ最近の事件で印象に残ったことは?(社会一般に関する話題)

の三種ですが、不登校経験者の場合、この「過去の経歴に関する話題」が、

○「何故、学校へ通わなかったのか?」

○「その間何をしていたのか?」

○「学校へ通わないで、本当に社会性は確保されているのか?」

という重いテーマへと切り替わります。

実はこの対処が一番難しい。実際、CARPE・FIDEM卒業生で、現在医学部に在籍している子でも、成績開示したら「学科合格・面接不合格」と推定される例がいくつかありました。多数ではありませんが、確実に一定の影響があると見た方が良いでしょう。

ただ、この状況をして、

「不公平だ! 不当差別禁止!!」

のように騒ぐのはおかしな話です。東京医大の件で明らかになったような、性別による差別は流石におかしな話ですが、不登校や引きこもりの場合には、その行為自体に何らかの不穏な空気があることは事実なわけで、アレコレ言い訳しても現実は変わりません。逆に、不登校の事情を知らない第三者にも丁寧に説明し、いかにして彼等の懸念を払拭するかが鍵となります。「不登校だからダメ」なのではなく、「状況をきちんと説明出来ず、面接官が不安に感じるからダメ」なのです。

また、先程の例ではありませんが、面接や論文が原因で不合格になるケースは、まず間違い無く事前訓練を講じていません。確かに、訓練していて不合格の例もありますが、基本的にはレアケース、或いは、慶應や慈恵会医大のように、大学自体の事前制限が厳しい場合に限ります。一見すると厳しそうに見える大学でも、受けたら受かったケースもありますし、逆に容易に見えても、事前準備をサボったせいで落ちたケースもあります。相対的な難易はあっても、パラメタとして最も機能するのは、「本人の説明能力」なのです。

(因みに、CARPE・FIDEMでは、この本人の説明能力を一年間かけて修養する講座があります。ご希望の方は以下を参考になさって下さい。)

その他の補講講座 ◆医療系論文・面接対策講座概要◆

大学の教授も人間ですし、十分に人生経験を積んだ大人です。表面的な部分だけをさらって相手を全否定するようなことはしません。

「コイツ、ウチの大学入って変なトラブル起こさないだろうな?」

「総合的に信頼出来る、優秀な人材に来て欲しい」

というのが本音であって、学生の側で出来ることは、それに極力近づけるように努力することです。不登校経験者は、その準備を他の学生さんよりも丁寧に行わなくてはいけないだけ、と心得ましょう。

「面接なんて、どうせ形式だけだろ。ぶっつけ本番で適当にやっとけば大丈夫大丈夫」

なんて浅はかな考えは、判断が甘いだけでなく、わざわざ時間を割いて試験をして下さっている先生方にも大変失礼な行為です。準備をサボるということは、それ自体が本人のいい加減な人間性を端的に表しているとも言えます。真剣勝負の場に相応しい対策が「一つのマナー」と思えれば、合格も近くになってきたと言えるでしょう。

不登校や引きこもり経験者で医学部受験を行う皆さんは、是非この点を意識して対策を立てるようにしてみて下さい。医学部受験は、それ自体が社会へ繋がる事実上の就職面接でもありますので。

受験生的には、気分の暗くなる季節がやってきました。

 例年CARPEでは、6月と10月のタイミングで欠席が多くなったり、気分が落ち込んだりする子が増えます。幸い、今年の6月は何とか乗り越えましたが、後半戦の10月が近づいてきてそろそろ色々と危ない頃合いです。

 恐らく、季節の変わり目で気温が変わって体調を崩したり、雨や曇りが多くて日照時間が少なくなって陰鬱な気分になったりすることもあるでしょうが、10月はそれに加えて重要な模試が少しずつ増えてきます。大半の人にとって、明るくなる要素の方が少ないわけで、結果的に上記のような事情が発生するのでしょう。

 自分自身もそうですが、多少のトラブルは全く問題無くとも、連続で集中攻撃を食らうと、段々と気分も滅入ってきます。想定出来るトラブルもあれば、想像だにしなかったところから来る不意打ちのようなトラブルもあります。一発二発で倒れることはなくとも、百発受ければ倒れることもある。この辺は、誰であっても同じことだと思います。

 それ故、これからはダメージコントロールが大切になってきます。暗い出来事が増えても、それと同じ位明るい出来事があれば、状況は維持されますし、トラブルを乗り越えることも出来ます。

 同時に、自分なりにダメージを緩和する方法を見つけ出すことも大切になります。例えば、

○睡眠を十分に確保する(悲しみが増すのは、睡眠が足りないからだ理論)

○適度に運動をする(精神的な疲労は、肉体的に解決する理論)

○気分の上向く「気晴らし」を増やす(現実逃避は案外侮れない理論)

○敢えて全力でコトに当たる(勝てば、気分が暗くなるなんてあり得ないぜ理論)

等があるでしょうか。

 一番良くないのは、「暗い」という自分の感情をあるがままに流して放置することで、大体そのままにしておいて良いことはありません。「今ある感情こそ、自分のあるがままの姿。だから無理に変えないで、上向くのを待つ」という理屈も分からんでもないですが、

「気圧が下がったから元気が出ない」

「試験で失敗したから覇気が無い」

のように、きちんと因果関係が分かっているものもあるわけですから、その「因」の部分を潰す努力は積極的にすべきかと思います。努力で潰せる陰鬱なんてものは、そもそも本質的な悩みでも何でもありませんし。

 暗くなる出来事の多い季節は、自分の成長のタイミングでもあります。自分がどんな部分で元気を無くすのか知ることで、自分自身の弱点が浮き彫りになり、対策も立てやすくなるわけですから、ある意味一石二鳥。

 「禍福はあざなえる縄のごとし」という言葉もあります。暗いことばかり続くわけではありません。あるがままの「暗さ」に潰されるだけではなく、本当の自分自身の姿を知る良い機会と捉えてみると、案外10月も愉しく生活出来るかも知れませんね。

pagetop