不登校・引きこもりからの大学進学塾

ブログ

不登校・引きこもり雑感10

 脱ヒキの際に目標としてお薦めなのが、「量産型エリートルート」。

 量産型エリートルートとは、所謂進学校や、MARCHや早慶等、有名私大の附属校等に在籍している学生さん達と似たような方向性を取った上で、多少なりとも就職安定性の高い専門職系ルートに乗り直すこと。要は、CARPEでよく話している医学部とか薬学部とかで、日常生活のあり方もこれに合わせてしまうと楽みたいですね。

 量産型エリートの良いところは、既に規格化された経済的安定性と社会的地位が最低限パッケージ化されているため、余計な思考が不要なのと、全ての能力修正が「そこそこ」で構わない点。経験則上3年もあれば、0スタートでもほぼ全てのルートに戻ることが出来、その間に生活面や対人関係の修正もついでに行っておけば、大学でもそんなに困らないようで。「ちょっと苦手な部分もある大学生」という、分かりやすい完成形が一つ出来上がり、その後は、元の環境とのリンクを維持しながら段階的に新生活に慣れていけば、それで終了。

 この種の量産型エリートは、15年以上前から成功例が安定的に出ていて、目立った問題点がほぼなく、「引きこもりは能力問題故、有能化が鍵」というポイントがそのまま活きています。

 以上のような現状により、量産型エリートに乗れる不登校・引きこもり当事者は、特段の心配は不要。適度に不登校や引きこもりやって、適度に社会復帰すれば良いだけなので、かなりお手軽。言い方悪くすればチョロい話で、中学受験や高校受験で一定以上の学校へ通っていた子なら、ほぼこれだけで解決したりします。

 逆に言えば、この量産型エリートに乗れないケースはかなり厄介。年齢が30を超えてる場合や、基礎学力が著しく低く修正困難な場合、対人関係の構築に極端な問題を抱えている場合等は、通常の就職ルートに乗るしか手がありません。

 ただ、この通常の就職ルートは、割の良い仕事から先に埋まるため、不登校・引きこもり経験者が、旨味のある仕事にありつける可能性は極めて低いと言って間違いないでしょう。

 これまでの実例では、所謂「職人的技能」がある者や、「一点突破型の才能」があって起業する者、親族関係の「縁故採用」を利用した者程度しか、量産型エリートに匹敵する立ち位置を得たケースは無く、それ以外は、ほぼ全てが不安定な労働環境と低賃金での就職が既定ルート。「無能力が引きこもりを長引かせる」の根拠の一つです。

 これは基本変わらない現実なので、いかにこの状況に陥らないよう先手を打つかがキーになります。

○若いうちに動け
○勉強はしておけ
○人付き合いは大切
○金稼げる仕事に就け

のような当たり前を、極力早期に実行することが要でしょう。

 不登校・引きこもりは通常ルートから逸れてしまうため、どうしてもキテレツな人生を模索する人が多いですが、客観的に見る限りほぼ失敗している上、何より経済的自立が確保出来ていません。「馬鹿の考え休むに似たり」ではありませんが、下手な知恵を巡らすよりは、早々に頭を切り換えて、パッケージ化された既定ルートに乗ることをお薦めします。

pagetop